ペニーレインは今日もアンニュイ
無限ループの小説を読む

篤があつしに変わるまで Episode10

                 

福島社長との最後の会話

 

 

 

『篤があつしに変わるまで』主要登場人物・団体

●僕・・・この物語の主人公。わたくし、大村あつしのこと。
●福島一郎・・・品川出版(株)の社長。実在する人物だが仮名。
●品川出版(株)・・・在京の出版社。実在する会社だが仮名。
 
 
 

前回ボクは、「神にもすがる気持ちで福島社長からの報告を待つ日々を送ることになる」と書いた。
 
「日々」。
 
さてこの場合、社会通念上「日々」といったら、1ヶ月とか3ヵ月ぐらいのスパンを指すものと思われる。
 
しかし、福島社長からは3日後に連絡が来た。
 
 
 
 
結果は「全滅」。
 
どこの出版社も僕の原稿を本にはしてくれない、ということだ。
 
念のために、どこの出版社に僕の原稿を持ち込んでくれたのか聞いてみたが、挙がった名前は3社。
 
 
 
 
1社は、誰でも知っている大手出版社だが、少年漫画の週刊誌からファッション誌まで手がけている、どう考えてもコンピュータの書籍を出版するとは思えない出版社。
 
あとの2社にいたっては、聞いたこともない出版社であった。
 
 
 

「ひょっとして、まさかこれで終わりじゃありませんよね。まだ、他の出版社にも営業していただけるんですよね」
 
「いえ、これでおしまいです。私の経験では、3社回って駄目な場合、どうやっても本にはなりませんよ」
 
 
 
 
そんな馬鹿な・・・。
 
僕の本を出版してくれるんじゃなかったのか・・・。
 
3社回ったって言うが、どのような営業をしたのか・・・。
 
 
 

待てよ。
 
考えてみると、福島社長には企画書は渡していないはずだ。
 
ひょっとすると、膨大な僕の原稿を持って、
 
「この原稿を読んでください」
 
そんな営業をしたのではないか・・・
 
いくらなんでもそれはない。
 
素人考えだが、まずは企画書なり、その原稿を書いた人物のプロフィールを紹介するのが「売り込み」というものではないのか・・・。
 
「この原稿を読んでください」
 
そんな営業で本が出版できるわけがない。
 
 
 

「福島社長。お手数ですが、原稿の内容をコンパクトにまとめた企画書と私のプロフィールをすぐに作ってお送りしますので、もう一度アタックしてみていただけますか」
 
「いや、それはできません。頂いた30万円分の営業はもうしましたので、もう私の仕事はこれでおしまいです。それに、先ほども申し上げましたが、3社回って駄目なものは駄目。潔くあきらめてください」
 
 
 

30万円で3社。
 
原稿を持ち込むだけで、成功しようがしなかろうが1社10万円。
 
なんてぼろい商売だ・・・。
 
これじゃ・・・、詐欺だ・・・。
 
 
 
 
脳天をハンマーで殴られたような衝撃、とはまさしくこのようなショック状態を指して言うものだろう。
 
僕は、このとき自分が八方ふさがりの状況に追い込まれたことを痛感した。
 
 
 
 
終わった。
 
すべてが終わった。
 
この数ヶ月の努力も、自分の本が出版されるというささやかな夢も、すべてが砕け散った。
 
 
 

僕は、放心状態のまま受話器を置いた。
 
この日の電話が、福島社長との最後の会話となった。

 

 

 

———-

この作品はノンフィクションですが、登場する個人名・組織名は架空のものです。

 

 

<<最初のコラムへ    <前のコラムへ    次のコラムへ>

 

 

 

 

『マルチナ、永遠のAI。~AIと仮想通貨時代をどう生きるか』

 

 

martina_cover2

 

→ Amazonへ

 

 

AIは、神のギフトか、破滅者か?

 

これからの私たちの生活が見える

 

ラブストーリータッチのエンターテイメント小説

時は、東京オリンピックの喧騒が去った2020年。


岩科正真は、実家の定食屋の再建を、超美人AI『マルチナ』に託す決心をする。

 

正真は、再会した沙羅に惹かれるが、彼女には重大な秘密があった。

 

それを知った正真は、マルチナも愛してしまう。

 

ヒトとAIの奇妙な三角関係。

 

やがて、正真たちは巨悪な陰謀に巻き込まれていく。

 

彼らは、緻密に計算された策略を暴くことができるのか?


そんな、彼らがたどり着く先は?

 

そして、マルチナに芽生えた「なにか」は、プログラムなのか?

 

『マルチナ、永遠のAI。』の全魅力がものの数分でわかるラジオ番組

→ こちら

 

 

 

 

 

LINE@ 『ほぼ日刊マルチナ』始めましたー!

 

 

このQRコード、もしくは、 @zmv5952e で

友達検索してくださいm(_ _)m

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

大村あつしプロフィール

プロフィール画像

大村あつし

1996年8月にエーアイ出版より『Excel95で作るVBAアプリケーション〜 VBAで作る販売管理システム〜』でITライターとしてデビューしたが、2007年6月にゴマブックスより出版された『エブリ リトル シング〜人生を変える6つの物語〜』で小説家に転身。まだ、IT書籍の執筆は一部、続けているが、現在の活動は小説が中心となっている。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

無料で読めるweb小説

小説を読む
ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

http://www.diamondblog.jp
/official/omura/

大村あつしアーカイブス

大村あつしカレンダー

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930