ペニーレインは今日もアンニュイ
無限ループの小説を読む

ケルバー vs チブルコバ、今さらですがツアーファイナルズ決勝(女子テニス217)

 

今年はもうブログは書くつもりはなかったのですが、備忘録代わりに、今さら見たアンジェリック・ケルバー対ドミニカ・チブルコバのツアーファイナルズ決勝戦です。

 

 

チブルコバは、彼女のテニスキャリアで最大の栄誉を掴みましたが・・・

 

0,,12781~14987176,00

 

 

チブルコバが勝ったというよりも、ケルバーが負けた、という試合でしたね。

 

 

ケルバーの敗因は後述するとして、ブログの読者の方から

 

 

「なぜ、チブルコバは身長が低いのにパワーがあるのか」

 

 

とコメントをいただきましたが(随分前のコメントですが先ほど気付きました、すみません)

 

 

あくまでも個人的な見解ですが、チブルコバは決してパワーヒッターではないと思います。

 

 

ラリー中のストロークも明白に100Km出ていませんし、サーブのMAXも158Kmですので。

 

 

ただ、センターポジションからの左右へのアングルショットの角度と、仕掛けの速さは素晴らしく、同じようなプレースタイルですぐに思い浮かぶのがダリア・ガブリロワですが、このような選手がはまると、特に守備型の選手にとっては厄介であることを、下のブログに書きました。

 

 

コートの妖精、スビトリーナ、準決勝進出! チャイナ・オープン(北京)

 

 

ちなみに、このプレースタイルのさらに上を行くパワーヒッターがマディソン・キーズだと思いますので(ストローク・スピードが100Kmを超えて、サーブも180Km)、キーズのアングルショットの精度が上がったら、来年以降、かなり厄介な相手になりますね。

 

 

また、チブルコバはフォアハンドに走らされたら、通常は相手のセンターポジションに返してラリーをリセットするか、クロスで返してそのままクロスポジションでのラリーという展開になるのですが、彼女は一か八かのダウンザラインが面白いように決まって、こうなるとケルバーはチブルコバのバックハンドにボールを集めないとならないのですが・・・。

 

 

ケルバーは左利きなのでフォアハンドですが、チブルコバのバックハンド側を狙ったフォアハンドショットをことごとくネットに引っ掛けました。

 

 

また、2セットマッチの試合でダブルフォルトが6本もありましたが、ケルバーの不調の原因は明白で、完全なガス欠です。

 

 

ラケットが振れていないので、ネットに引っ掛けたりダブルフォルトするわけですが、さらにはフットワークも悪く、フィジカル的に限界でした。

 

 

そればかりか、ネットプレーもドロップショットもまったくなかったので、「考える力」すら残っていなかったのだと思います。

 

 

そして、ボクは、「ケルバーはツアーファイナルズで負けるかもしれない」と、次のブログで書きました。

 

 

ケルバーの無気力試合で思ったこと

 

 

すなわち、武漢オープンのペトラ・クビトバ戦で壮絶な戦いをして、その後の北京オープンでエリーナ・スビトリーナに負けたところでツアーファイナルズに備えるべきだったと思うのですが、世界ランク1位のケルバーは休むことなく香港オープンという小さな大会に出場し、今年のケルバーはこの香港オープンでフィジカル、メンタルを使い切ってしまいましたね。

 

 

もし、ケルバーが香港オープンを欠場していたら、ツアーファイナルズはケルバーが優勝していた、というのがボクの予想です。

 

 

興味がないので観ていませんが、フェドカップ決勝で、カロリーナ・プリスコバとクリスティーナ・ムラデノビッチがフルセットでゲームカウントが16-14という凄い試合をしたらしいですね。

 

 

プリスコバもムラデノビッチも、フェドカップになると人が変わるのですが、すでに強いプリスコバはともかく、ムラデノビッチはフェドカップのテニスを通常のトーナメントでできれば、40位台にいるような選手ではないんですがね~。

 

 

ただ、これは自国の人は盛り上がるでしょうね。

 

 

ボクは、チェコが勝とうとフランスが勝とうと無関係なので(昨年はマリア・シャラポワ要するロシアを応援していましたが)、ニュースで読んだだけですが。

 

 

 

テニス好きの方はポチッとお願いします→ にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへ 

 

 

→ 最初へ     → 次へ

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

大村あつしプロフィール

プロフィール画像

大村あつし

1996年8月にエーアイ出版より『Excel95で作るVBAアプリケーション〜 VBAで作る販売管理システム〜』でITライターとしてデビューしたが、2007年6月にゴマブックスより出版された『エブリ リトル シング〜人生を変える6つの物語〜』で小説家に転身。まだ、IT書籍の執筆は一部、続けているが、現在の活動は小説が中心となっている。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

無料で読めるweb小説

小説を読む
ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

http://www.diamondblog.jp
/official/omura/

大村あつし最近の記事

大村あつし

大村あつしアーカイブス

大村あつしカレンダー

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031