ペニーレインは今日もアンニュイ
無限ループの小説を読む

キャサリン・CiCi・ベリス、大金星!ラドワンスカを撃破! ドバイオープン2017(女子テニス251)

  

2017年2月23日は、ボクにとって歴史的な日になりました。

 

 

この12年、女子テニス界でNo.1の女性はマリア・シャラポワでした。

 

 

もちろん、その後もペトラ・クビトバやユージニー・ブシャールなどの「シャラポワ2世」は誕生していたのですが・・・

 

 

今のテニス界でもっとも美しくスター性のある選手は

 

 

キャサリン・CiCi・ベリスに変わりました!

 

 

Bank+of+the+West+Classic+Day+2+-94btWxQ8Svl

 

 

実物は、写真の100倍かわいいです(*^^*)

 

 

テレビを観ていて面白かったのは、2ゲームごとのベンチ休憩のたびに、カメラが映すのはキャサリン・ベリスのみ。

(ラドワンスカを映したのは、彼女がオンコートコーチングを受けているときだけでした)

 

 

実況もボクと同じく単なるオヤジと化して、ベリスの顔のアップを見ながら、

 

 

Lovely face!

Beatutiful eyes are glimmering!

How exciting!

 

 

と絶賛の嵐!

 

 

ボクがなによりも驚いたのは、確かに昨年のスタンフォード・オープンで格上のエレナ・オスタペンコを破って涙のインタビューがありましたが、あれはオスタペンコの自滅で、2回戦を観たら、「あー、やっぱりTOP100圏外の学生のテニスだな」と思ったのですが、わずか半年で格段に進化しています!

 

 

最大の武器は言うまでもなくライジングショットのフォアハンドなのですが、これは2ndセットを取られたときのオンコートコーチングがすべてです。

 

 

On baseline, keep using forehand and build points by forehand

 

 

まあ、要するにフォアハンドで得点を取れということです。

 

 

実際に、引き付けるだけ引き付けてコースを隠してのクロス、逆クロスは、ラドワンスカはまったく読めていませんでしたね。

 

 

しかも、なんでもかんでもウィナー狙いではなく、つなぐときにはつなぎます。

 

 

その前の試合で、打つ玉すべてウィナー狙いで自滅したモニカ・プイグとは(失礼ながら)ものが違います!

 

 

だからこそ、ラドワンスカは徹底したベリスのバックハンド狙いに転じるわけですが、とにかくベリスはバックハンドでもミスをしません。

 

 

20本以上のラリーを余裕でこなして、ミスをするのはラドワンスカ。

 

 

勝敗を決したのは、私見ですがそのバックハンドだったと思っています。

 

 

ファイナルセット、2-2でラドワンスカのサービスゲーム。

 

 

当然、ラドワンスカはベリスのバックハンドを攻めるわけですが、「なめるなよ!おばさん」と言わんばかりのダウンザライン。

 

 

実は、1stセットでもこのダウンザラインを決めていたのですが、2ndセットで鳴りを潜めていたバックハンドのダウンザラインを決められてからは、ラドワンスカは完全に我を失いました。

 

 

ほかにも、素晴らしい点は挙げたらキリがありません。

 

 

まず、上述のとおりミスが少なく、かつ相手に簡単にウィナーを取らせないのですが、ベリスはとにかくセンターポジションに戻るのが早いです。

 

 

だから、どのようなボールにも対応できます。

 

 

もちろん、フットワークがいいのでこのセンターポジションが生きるわけですが、ボクの目にはシモナ・ハレプと双璧に映りました。

 

 

そして、隙あらばすぐにネットを取るのですが、彼女が学生時代にダブルスを磨いていたことはずっとinstagramを見て知っていましたが、本当にネットプレーがうまいですね。

 

 

また、ラドワンスカのドロップショットは、拾われることを前提で、そのリターンを打ち込むのですが、そんなラドワンスカをあざ笑うかのようなパッシングショットを連発。

 

 

ベリスにドロップショットは禁物だとほかの選手も思ったのではないでしょうか。

 

 

ただでさえネットプレーにたけた選手を、自らネットに呼んでしまうわけですから。

 

 

さらにはサーブですが、球速は恐らく160Km台だとは思うのですが、コースがいい上に、ベリスのサーブは肘から上が遅れて前に出てくるので、リターナーとしては「よし、来るぞ」という感覚と、実際にボールが飛んでくる、その間にコンマ2、3秒の誤差が生まれているように見えました。

 

 

ですから、ベリスのサーブは拾いづらいのだと思います。

 

 

現在、ボクのアイドルはエリーナ・スビトリーナで、それは変わっていません。

 

 

しかし、10人抜きくらいで、キャサリン・ベリスは、スビトリーナと1位を争う選手になりました(*^^*)

 

 

これからは、スビトリーナとベリス命で応援していきます!(*^^*)

 

 

今日のテニスを観る限り、プレミアトーナメント優勝はベリスの方が先になるかもしれません。

 

 

なんとも末恐ろしい17歳ですが、ユージニー・ブシャールのような前例もありますので、今後はIMGと厳格な父親がどれだけ手綱をしめられるかでしょうね。

 

 

あと、現在はなんのプレッシャーもなく戦っており、”What does tennis mean to you?”(あなたにとってテニスとは?)と訊かれたときに、”Enjoy competing”(競うのが楽しいの)と無邪気に答えていましたが、こんな逸材を世界が放っておくはずがありません(日本はスルーしそうですが、むしろ日本では人気が出ないで欲しいです。チケットが取れなくなるので(笑)

 

 

特に、母国アメリカでスーパースターになることは確定ですね。

 

 

女子テニスファンでよかったと心底思えた1日でした(*^^*)

 

 

ベリスはまだ未成年なので、今回はいつものようにオヤジをいれておくのはやめておきます。

 

 

条例違反が怖いので(笑)

 

 

というのは冗談で、オヤジギャグを言うのが失礼に思えるほどの神々しい美貌ですね(*^^*)

 

 

テニス好きの方はポチッとお願いします→ にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへ 

 

 

→ 最初へ     → 次へ

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

大村あつしプロフィール

プロフィール画像

大村あつし

1996年8月にエーアイ出版より『Excel95で作るVBAアプリケーション〜 VBAで作る販売管理システム〜』でITライターとしてデビューしたが、2007年6月にゴマブックスより出版された『エブリ リトル シング〜人生を変える6つの物語〜』で小説家に転身。まだ、IT書籍の執筆は一部、続けているが、現在の活動は小説が中心となっている。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

無料で読めるweb小説

小説を読む
ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

http://www.diamondblog.jp
/official/omura/

大村あつし最近の記事

大村あつし

大村あつしアーカイブス

大村あつしカレンダー

2017年2月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728