ペニーレインは今日もアンニュイ
無限ループの小説を読む

60.三日坊主 × 百回 = 三百日(2)

                    <<最初のコラムへ     <前のコラムへ

 

 ITライターとして名前が売れ始め、初めて有料の講演を頼まれたときのことです。披露宴のスピーチなど、人前で話すことにはそこそこ慣れていた私ですが、参加者はたった七名なのに、「彼らはお金を払って私の話を聞きに来るんだ」と思うだけで、何日も前からそのことが頭から離れないほどの緊張に襲われていました。

 

 だからこそ、できる限りの準備をし、また、参加者から出てくる可能性のある質問を前もって列挙し、想定問答集まで自作してその日に備えました。その甲斐あって、その講演は大成功のうちに幕を閉じたのですが、この経験は、私にとって大きな自信になりました。

 

 実際、その次に依頼された有料講演の参加者はなんと四百名でしたが、私は、「七名の前で話せたのだから、四百名の前でも話せるはず。いざとなったら、最前列の数名だけを見つめて、残りの数百名は視界に入らないようにすれば、七名のときと状況は同じじゃないか」と自分に言い聞かせ、この二回目の講演も無事に乗り切ることができました。

 

 その後、私が数百名を前に講演をした回数は二十回以上に上りますが、多少の緊張はあっても、失敗の恐れや不安などをほとんど意識することなく話ができるのは、七名の前で無事に講演できた小さな実績が原点になっています。さらに、その小さな実績をよりどころに、その次の四百名の講演も成功させた事実。これらが自信として意識に植え付けられているからだと感じます。

 

 このように、何かで目標を達成した経験は、必ず次に生きます。すなわち、別の言い方をすれば、願望の達成をより強く確信するためには一つでも多く実績を作ればいい、ということになります。

 

 もちろん、その実績は大きいに越したことはありませんが、最初はその大小にこだわる必要はありません。実際に私も、スタートはたったの七名でした。しかし、その実績が、次の四百名というプレッシャーを退ぞけてくれました。

 

 これは私のささやかな成功例ですので、もっと偉大な人の逸話をご紹介しましょう。

 

次のコラムへ>

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

再生回数、16万回突破! 『エブリ リトル シング』第一話、「クワガタと少年」

 

 

 

 

 

『Excel VBAの神様 ~ボクの人生を変えてくれた人~』

『もしドラ』作者の岩崎夏海さん推薦の、7割が感涙したVBAの本、そしてビジネス系自己啓発小説です。

 

vba_god_diamond → Amazonへ

 

第1章 真二、夜の公園でマクロとVBAをはじめて知る
第2章 真二、知らない間にマクロを記録してしまう
第3章 真二、おそるおそるマクロを実行してみる
第4章 真二、メッセージを表示して感動する
第5章 真二、オブジェクトとメソッドが使えるようになる
第6章 真二、プロパティを覚えてドヤ顔になる
第7章 真二、算術演算子と関数をらくらく使いこなす
第8章 真二、意外とあっさりコレクションを理解する
第9章 真二、変数に腰を抜かす
第10章 真二、条件分岐と繰り返しでVBAのすごさを知る
第11章 真二、みんなの前で見積入力システムを披露する

 

 

 

honkaku → Amazonへ

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

大村あつしプロフィール

プロフィール画像

大村あつし

1996年8月にエーアイ出版より『Excel95で作るVBAアプリケーション〜 VBAで作る販売管理システム〜』でITライターとしてデビューしたが、2007年6月にゴマブックスより出版された『エブリ リトル シング〜人生を変える6つの物語〜』で小説家に転身。まだ、IT書籍の執筆は一部、続けているが、現在の活動は小説が中心となっている。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

無料で読めるweb小説

小説を読む
ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

http://www.diamondblog.jp
/official/omura/

大村あつし最近の記事

大村あつし

大村あつしアーカイブス

大村あつしカレンダー

2013年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031