ペニーレインは今日もアンニュイ
無限ループの小説を読む

シャラポワ2世、カサキナ、ビンチに雪辱!(カサキナを気絶するまで応援するブログ107)

 

シャラポワ2世、ロシアの19歳、ダリア・カサキナが、

 

 

TOP10プレイヤーのロベルタ・ビンチに雪辱です!

 

 

160105ASBClassic_85.JPG.hashed.b322e8bf.desktop.story.inline 

 

 

「雪辱」というのには理由があります。

 

 

今年の2月のドーハオープン。

 

 

カサキナはビンチと2回戦で対戦したのですが、1stセットを取り、2ndセットも4-2か4-3でリードして自分のサービスゲーム。

 

 

ボクは、確実にカサキナの勝利を確信したのですが、ここで突然、ビンチが苦痛に顔をゆがめました。

 

 

ふくらはぎを押さえて、足を引きずりながらリターンポジションにつくビンチを見て

 

 

「え? 私、サーブを打っちゃってもいいんですか?」

 

 

と主審を見るカサキナ。

 

 

結局、試合は続行になりましたが、不思議なことにプレーが始まるとビンチは縦横無尽に走り回ります。

 

 

しかし、リターンポジションにつくときには、顔をゆがめて足を引きずっています。

 

 

ビンチは、随分と不思議なふくらはぎを持っているようですね(笑)

 

 

これで、完全にメンタルを破壊されたカサキナは2ndセットを落とし、何が起きているのかわからないという顔で茫然自失。

 

 

すると、メディカルタイムアウトすら取っていないビンチは、3rdセットに入ったとたんにふくらはぎが全快。

 

 

いや、本当にビンチは人知の及ばない脚の持ち主なんですね(笑)

 

 

そして、カサキナは負けたわけですが、この試合のときからボクはずっと待っていました。

 

 

カサキナは、いつビンチと対戦するんだ?

 

 

今度は絶対に勝ってくれ!と。

 

 

それから5カ月経っていますので、結果論ではなく、恐らく勝つだろうと思っていました。

 

 

なぜなら、19歳のダリア・カサキナはこの5カ月で成長していますが、32歳のロベルタ・ビンチが5カ月前より強くなっているはずがないからです。

 

 

実際に、2-0でカサキナが勝ちました。

 

 

結果論ですが、1stセット、7-5と苦労したのがよかったですね。

 

 

6-3くらいで楽勝かと思いましたが、そこは相手もTOP10選手なので、アドバンテージがお互いに行ったり来たりしながら、1stセットはもつれました。

 

 

しかし、だからこそ、カサキナはメンタルが落ちることなく、2ndセットもいい入り方ができました。

 

 

むしろ、メンタルが崩れたのはビンチのほうでしたね。

 

 

1stセットを落とし、2ndセットもいきなりブレークを許したら、のらりくらりとラリーをするのが持ち味のビンチが、一発でウィナー狙いでそのショットをミスる。

 

 

一方のカサキナは、苦手としているサーブで1-2-punchが面白いように決まる。

 

 

実は、その前にユージニー・ブシャール VS チブルコワを観たいのを泣く泣くこらえて

(ネットでブシャールがガッツポーズをしている写真があったので、結果がわかってしまっていたこともありますが)

 

 

女子テニス界の美しすぎるバレリーナこと(ボクが名付けました(笑)

カミラ・ジョルジとロベルタ・ビンチの2回戦を観たのですが、

 

 

「ビンチがこのテニスをカサキナ相手にやったら、カサキナが絶対に勝つ」

 

 

と確信してから試合を観ました。

 

 

ビンチは、バックハンドの90%以上がスライスボールで、それで時間を稼いでネットに出るプレースタイルで、昨年の全米オープンの準決勝であのセレナ・ウィリアムズに勝ちました。

 

 

しかし、ビンチの試合は好き好んで観ないのでよくわかりませんが、今年観た数試合は、あのセレナ戦のようなネットプレーがまったくありませんね。

 

 

これでは、スライスボールを相手に回り込まれて、フォアハンドのダウンザラインの餌食になるだけですね。

 

 

今は、昨年の全米オープン準優勝のポイントがありますのでTOP10にいますが、まあ陥落するでしょう。

 

 

それよりも、ダリア・カサキナ、4回戦進出です!

 

 

このモントリオール・オープンに照準を合わせて、先週のスタンフォードもCITI OPENも欠場するという、ランキング30位台の選手とは思えない老獪な作戦が見事に奏功しています。

 

 

次は、おそらく、アンジェリック・ケルバーでしょう。

 

 

ケルバーに勝っても、次は、前回こてんぱにやられたシモナ・ハレプ。

 

 

険しい道のりですが、優勝を信じてカサキナを気絶するまで応援します!

 

 

テニス好きの方はポチッとお願いします→ にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへ 

 

 

→ 最初へ     → 次へ 

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

大村あつしプロフィール

プロフィール画像

大村あつし

1996年8月にエーアイ出版より『Excel95で作るVBAアプリケーション〜 VBAで作る販売管理システム〜』でITライターとしてデビューしたが、2007年6月にゴマブックスより出版された『エブリ リトル シング〜人生を変える6つの物語〜』で小説家に転身。まだ、IT書籍の執筆は一部、続けているが、現在の活動は小説が中心となっている。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

無料で読めるweb小説

小説を読む
ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

http://www.diamondblog.jp
/official/omura/

大村あつし最近の記事

大村あつし

大村あつしアーカイブス

大村あつしカレンダー

2016年7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031