ペニーレインは今日もアンニュイ
無限ループの小説を読む

ケルバーはイップス状態なのか?マイアミ2017(女子テニス263)

 

アンジェリック・ケルバーvsビーナス・ウィリアムズを観ましたが、そもそもボクは、3回戦で実現すると思っていたダリア・カサキナvsアンジェリック・ケルバーを楽しみにしており、7割以上の確率でカサキナが勝つと思っていたので、カサキナが2回戦で敗退した以上、今度はヨハナ・コンタvsアンジェリック・ケルバーを楽しみにしていたのですが、ケルバーがビーナスに負けてしまいました(´;ω;`)

 

 

そのケルバーですが、「自分がNo.1だと思ってテニスをしたらドンドンとポイントを失っていく」と以前のブログに書きましたが、そもそもセレナ・ウィリアムズがグランドスラムしか出場していないだけで、No.1はどう考えてもセレナです。

 

 

しかし、ケルバーは昨年の全米オープンでNo.1になってから、突然テニスが小さくなりました。

 

 

要するに、ラケットが振れていないのです。

 

 

そこへ持って来て、ボクはケルバーの最大の武器は、自分に向かって来たボールを体を逃がしてストロークするのではなく、その場でしゃがんでラケットワークだけで打つ、相手選手が構える暇もないダウンザラインだと思っています。

 

 

よく、ケルバーの武器は走らされてのカウンターショットだと解説者が言いますが、それはもちろんそうなのですが、もしこのショットしかないのであれば、クロスボールを打ってネットプレーでケルバーを仕留めることもできるはずです。

 

 

しかし、昨年、どの選手もそうしたプレーをできなかったのは、ケルバーのラケットの面を合わせるだけのダウンザラインがあったからだと思います。

 

 

これを警戒して、どの選手もネットを取れなかったのだと思っています。

 

 

ネットに出たらパッシングで抜かれるのは明白なので。

 

 

ところが、ケルバーは1位になった全米オープン以降、ツアーファイナルズも含めると、なんと10大会も優勝がありません。

 

 

こうなると、もはや1位の選手の成績ではありません。

 

 

そして、今年になってエリーナ・スビトリーナに2敗、ココ・バンダウェイにも負けて、ハードヒッターを苦手にしています(ちなみに、スビトリーナには昨年末の北京オープンでも負けており3連敗です)。

 

 

さらには、技巧派のダリア・カサキナにも2敗しています。

 

 

このことからわかるように、「この選手には勝てない」という苦手意識があるわけではなく、「この選手はここで叩いておけ」という女王の意地を見せなければならない、才能に溢れる選手の時に負けています。

 

 

今のケルバーでしたら、恐らくキャサリン・ベリスにも負けると思います。

 

 

その理由は、上述のとおりラケットが振れていないからですが(特に、プレッシャーがかかる場面でのダブルフォルトが多すぎます)、ボクはこれは世界一の重圧からくる一種のイップス病だと思っています。

 

 

また、得意のダウンザラインが決まらないのは、当然ですがラケットの面があっていないからです。

 

 

ラケットの面を合わせるだけのボールが決まらないということは、ラケットの面が合わないからミスになるという結論にならざるを得ません。

 

 

今のケルバーに必要なのは、本当に自分がNo.1なのかを自分に問うことだと思います。

 

 

まあ、セレナは除くとしても、TOP20の選手と今の自分を比較して、はたしてどちらが強いのか。

 

 

そして、いくら格下とはいえ、TOP20クラスの選手と戦うときには、チャレンジャーくらいの気持ちで戦わないと、ケルバーの復活はないと思います。

 

 

皮肉な話ですが、今のままでは、復活するとしたら世界1位から陥落したときでしょう。

 

 

ボクは、カロリーナ・プリスコバに1位になって欲しい立場ですが、強いケルバーを倒して1位になって欲しいと思っています。

 

 

今のままでは、ウィンブルドンの準優勝、シンシナティの準優勝、全米の優勝と守るポイントしかありませんので、ポイントを失うときにはあっという間です。

 

 

1位ではありませんでしたが、5位だったユージニー・ブシャールもあっという間にポイントを失って、今では50位台です。

 

 

7位だったベリンダ・ベンチッチにいたっては、130番台というあり得ないことが現実に起きてしまっています。

 

 

まあ、ケルバーが50位台はあり得ませんが、いつTOP10を陥落してもおかしくないと思います。

 

 

そうならないためには、やはり大きなテニスを取り戻す必要があると感じます。

 

WTA Dubai Duty Free Tennis  Championship - Day Four

 

 

ちなみに、明日の準決勝は、ヨハナ・コンタとカロリーナ・プリスコバを応援します(*^^*)

 

 

 

テニス好きの方はポチッとお願いします→ にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへ 

 

 

→ 最初へ     → 次へ

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

大村あつしプロフィール

プロフィール画像

大村あつし

1996年8月にエーアイ出版より『Excel95で作るVBAアプリケーション〜 VBAで作る販売管理システム〜』でITライターとしてデビューしたが、2007年6月にゴマブックスより出版された『エブリ リトル シング〜人生を変える6つの物語〜』で小説家に転身。まだ、IT書籍の執筆は一部、続けているが、現在の活動は小説が中心となっている。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

無料で読めるweb小説

小説を読む
ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

http://www.diamondblog.jp
/official/omura/

大村あつし最近の記事

大村あつし

大村あつしアーカイブス

大村あつしカレンダー

2017年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031