守備テニスの限界再び。ハレプ、コンタに敗退 ウィンブルドン2017 その5(女子テニス310)

 

最初に、コメントをいただいておりますが、13日木曜日に11日火曜日の試合を観ているような状況ですので、結果を知りたくないので、コメントを拝見するが遅くなることご了承ください。

 

 

エリーナ・スビトリーナの敗戦をもって、もうウィンブルドンは観る予定はなかったのですが、唯一気になっていた選手、2回戦でカロリーナ・プリスコバを破って現在も勝ち進んでいるリバリコバを観たくて、本日、録画していた番組を観ました。

 

 

10日月曜日のナダルvsミュラーの5時間の試合の影響で、本来なら前日に終わっているはずのジョコビッチ戦から始まり、その影響でリバリコバはNo.1コートに追いやられてしまいました。

 

 

もう何度もブログに書いていますが、男子の5セットマッチは選手の体のことを考えると、いい加減やめたほうがいいと思います。

 

 

オリンピックのように決勝戦だけ5セットマッチで十分だと思います。

 

 

同様に、ファイナルセットはタイブレークなしって、こんな試合で仮に勝っても、次の試合で負ける可能性が高いと思います。

 

 

まあ、そもそも男子テニスは観ないのであまり関係がないのですが、全米オープンのようにファイナルセットもタイブレークを採用して欲しいというのが個人的な意見です。

 

 

と、話は逸れましたが、リバリコバ戦の放送があるのかないのかわからなかったので、ウィリアムズvsオスタペンコはスキップして、ジョハナ・コンタvsシモナ・ハレプの好カードを観ました。

 

 

結果は、「テニス界の英国貴婦人」ことジョハナ・コンタの勝利。

 

 

 johannakonta-xlarge_trans-jJeHvIwLm2xPr27m7LF8mQNk0otr_6CEXAcpOBSblM8

 

 

もちろん、試合後ならなんとでも言えるとお叱りを受けそうですが、2ndセット終了時にコンタの勝ちを確信しました。

 

 

なぜなら、ハレプはすでに100%の力を出し切っており、もはや引き出しの中身は空っぽだったからです。

 

 

一方のコンタは、フォアハンドのダウンザラインのミスが減ってきており、本来の実力を考えると80%くらいのテニスでしたが、このパフォーマンスを3rdセットでは100%に上げてくるだろうと思ったからです。

 

 

そして、予想通りハレプが負けたわけですが、全仏オープン決勝戦に続いて・・・

 

 

守備テニスの限界を改めて感じました。

 

 

もちろん、グランドスラムなんて年に4回もありますので、何十回も出場し続けていれば、守備テニスで優勝することもあるでしょう。

 

 

また、現在はアグレッシブなテニスをしますが、以前は守備しかできなかったキャロライン・ウォズニアッキが世界ランク1位になったように、1位になることもあるでしょう。

(ボクはよくわからないのですが、来週、ハレプの祖国ルーマニアでやるインターナショナルトーナメントにハレプが出場すれば、ハレプは再来週に1位になるのかもしれませんね)

 

 

ただ、やはり守備テニスには限界があると言わざるを得ません。

 

 

そして、コンタvsハレプ戦に、その理由が集約されていましたね。

 

 

昨年、アンジェリック・ケルバーが1位になったときには、すべての選手が「自分にもチャンスがある」と色めきだったと思いますが、ハレプが1位になったら、ますます女子選手は色めき立ちますね。

 

 

だって、トップ選手が精度を上げてハードヒットとネットプレーを組み合わせれば、ハレプに負ける可能性は低いからです。

 

 

僕の友達にプリスコバとハレプの写真を見せたら、「プリスコバが好きで、ハレプのファンでない理由がわからない」と言われてしまいましたが、確かに写真を見ると顔はちょっと似ていますが、テニスは似ても似付きません。

 

 

すなわち、ボクはルックスだけで選手を好きになっているわけではありません(当たり前ですが)。

 

 

さて、肝心のリバリコバですが、まだ試合が観れていません。

 

 

このあと、WOWOWでリバリコバの2ndセットをセンターコートでやるそうですが、今日はもう観る時間がありません。

 

 

ということで、明日観ます。

 

 

これだけテニス観戦が遅れると、もううかつにYahooニュースやYouTubeにもアクセスができませんね。

 

 

プリスコバを破ったリバリコバは本物なのか。

 

 

それとも、プリスコバの調子が悪かっただけなのか、2ndセットの途中からとはいえ、楽しみな一戦ですね。 

 

 

 

テニス好きの方はポチッとお願いします→ にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへ 

 

 

→ 最初へ     → 次へ

 

 

『しおんは、ボクにおせっかい』

 

  うずくまって泣きました(読者レビュー)

 

20200117-1

 

→ Amazonへ

 

 

主人公が日本に女子テニスを広めるために奮闘する
投稿サイトで1位を獲得した「LINE感覚で読める」
まったく新しいジャンルの“自己啓発恋愛小説”

仕事もプライベートも冴えない日々を送っていた雄大。
そんな彼のもとにかつての幼馴染しおんが突如現れた。
14年ぶりの再会に喜ぶ雄大だが、
近況を語る彼の言葉にしおんは顔をしかめる。
そして彼女は雄大が幸せになるための「法則」を語り始めた。

ときに切なく、ときにコミカルに、二人の男女がおりなす、
読むだけで成功体質が身に付くサクセスストーリーの決定版!

 

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

大村あつしプロフィール

プロフィール画像

大村あつし

1996年8月にエーアイ出版より『Excel95で作るVBAアプリケーション〜 VBAで作る販売管理システム〜』でITライターとしてデビューしたが、2007年6月にゴマブックスより出版された『エブリ リトル シング〜人生を変える6つの物語〜』で小説家に転身。まだ、IT書籍の執筆は一部、続けているが、現在の活動は小説が中心となっている。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

無料で読めるweb小説

小説を読む
ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

http://www.diamondblog.jp
/official/omura/

大村あつし最近の記事

大村あつし

大村あつしアーカイブス

大村あつしカレンダー

2017年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31