ペニーレインは今日もアンニュイ
無限ループの小説を読む

小保方晴子、『あの日』。STAP現象はある

 

すでに、 こちらのブログ で、小保方晴子さんの『あの日』について触れていますが、彼女が瀬戸内寂聴さんと雑誌で対談するなど、徐々に風向きが変わりつつあるので、今後マスコミの後追いをしないためにも、現時点での自分の推論を述べたいと思います。

 

 

20160129yamasita_01

 

 

まず、こと論文に関しては、やはり小保方さんの責任は極めて大きいと思います。

 

 

写真の盗用、切り貼りなどのねつ造をしたのは彼女ですから。

 

 

また、小保方さんのファンには申し訳ないのですが、ボクは彼女は個人的には苦手なタイプです。

 

 

「自分、大好き!」「私ってすごい!」臭がプンプンして、生理的に受け付けません(別に彼女に嫉妬しているわけではありません)。

 

 

ただ、あまりに無責任な論文を発表したということで、「割烹着がどうの」とかならワイドショーネタとしてはまだしも、彼女の研究が全否定され、窃盗犯扱いまでされたのは、やはり公平性に欠けていたと思います。

 

 

まず、今回の件がそもそもややこしかったのは、小保方さんが作ったのは(その現象を見たのは)、STAP細胞ではありません。

 

 

STAP現象です。

 

 

そして、その現象で確認できた細胞を元に、STAP肝細胞を作り、それが増殖してあらゆる臓器になれれば、それがSTAP細胞であり、天地が引っくり返るほどの世紀の大発見になるわけです。

 

 

ですから、亡くなった笹井さんは、明白に「STAP現象」と「STAP細胞」という言葉を使い分けていました。

 

 

そして、失敗に終わったとされている再現実験でも、小保方さんは実験結果をSTAP現象にまで導いています。

 

 

ちなみに、彼女が200回以上作ったとされるSTAP細胞も、厳密にはこのSTAP現象のことです。

 

 

今さらですが、ボクもこのときに気付くべきでした。

 

 

小保方さんは、STAP現象は作れると。

 

 

ところが、ボクが誤解したのは、やはりマスコミの報道が原因でした(ボクが、頭が悪すぎました)。

 

 

マスコミがSTAP現象とSTAP細胞は別物であることを喧伝しなかったのは、最初は発見者が若き女性であることを報道した方が視聴率が取れますし、その後は、すべて小保方さんに罪を被せてバッシングしている方が視聴率が取れたからです。

 

 

いずれにしても、実験のプロセスが若山教授に移って、その結果がES細胞の混入ということになったわけですが、ボクも含めて当時は、小保方さんが前もってES細胞を混入させて若山教授に渡した、すなわち、若山教授をはめたと誰もが思いこみました。

 

 

しかし、今思い返せば、ボクには2回、熟慮するチャンスがありました。

 

 

一度目は、笹井さんの記者会見で、記者から、「小保方さんが、ES細胞を混入させて若山教授に渡したという可能性は?」と問われた笹井さんは、科学者の尊厳を持って断言しました。

 

 

「それは、絶対にありえません。受け取った細胞にES細胞が混入されていたら、世界の若山が気付かないはずはない

 

 

もう一回は、ワイドショーで司会からコメンテーター、科学者もどきまで全員で小保方叩きにいそしんでいたときに、あるゲストの科学者が言いました。

 

 

「小保方さんがES細胞を混入させたという可能性はほぼ皆無。なぜなら、彼女にはそんなテクニックはないからだ」

 

 

この発言にはスタジオ中興ざめで、ボクがその科学者を見たのはそれ一度きりです。

 

 

普通に考えて、干されたのでしょう。

 

 

では、誰がES細胞を混入させたのか?

 

 

そもそも、仮に小保方さんがES細胞を扱えないとしたら、なぜ彼女の実験室に若山研のES細胞があったのか?

 

 

本当に、小保方さんが盗んだのか?

 

 

もちろん、ボクにはわかりません。

 

 

また、たとえSTAP現象があるにしても、細胞を初期化しても、それが増殖しないことには、世の医学に役立つわけでもなく、研究者のただの自己満足の域は出ません。

 

 

ただ、「科学史の三大ねつ造」の烙印を押されてしまったあの「STAP細胞事件」は、なにかが(誰かが)おかしいです。

 

 

もちろん、自分なりに色々と推論は立てていますが、門外漢の意見を述べても仕方がないのでやめておきます。

 

 

ただ、ボクは、「自分が真実だと信じたこと」を信じぬきたいと思います。

 

 

 

 

→ 『あの日』小保方晴子著

 

 

 

 

Excel VBAでWin64 APIを学びたい方は→ こちら

Excel VBAのコントロール配列、動的追加、イベント検知の超上級テクニック→ こちら

 

 

『Excel VBAの神様 ~ボクの人生を変えてくれた人~』

『もしドラ』作者の岩崎夏海さん推薦の、7割が感涙したVBAの本、そしてビジネス系自己啓発小説です。

 

vba_god_diamond → Amazonへ

 

第1章 真二、夜の公園でマクロとVBAをはじめて知る
第2章 真二、知らない間にマクロを記録してしまう
第3章 真二、おそるおそるマクロを実行してみる
第4章 真二、メッセージを表示して感動する
第5章 真二、オブジェクトとメソッドが使えるようになる
第6章 真二、プロパティを覚えてドヤ顔になる
第7章 真二、算術演算子と関数をらくらく使いこなす
第8章 真二、意外とあっさりコレクションを理解する
第9章 真二、変数に腰を抜かす
第10章 真二、条件分岐と繰り返しでVBAのすごさを知る
第11章 真二、みんなの前で見積入力システムを披露する

 

期間限定、スマホ対応、第1章の立ち読みは→ こちら

 

 

 

honkaku → Amazonへ

 

 

 

今、一番売れているExcel VBAの解説書!

 

Excel VBAの経験がほとんどないけれど,しっかり取り組んでみたい方向けの入門書。

 

VBAをマスターするうえで必須の「繰り返し」や「条件分岐」など基礎的なテーマから,配列やユーザー定義型変数などの応用文法,実用的なアプリケーションを作るうえで欠かせないコマンドボタンやテキストボックスなどのコントロールまで網羅しているので,この一冊ですぐに開発が始められます。

 

学習したことをすぐに確認できる200以上のサンプル付き!

 

(こんな方におすすめ)
・VBAで実用的なものが作りたい方
・本気でVBAに取り組みたい初級者

 

 

(目次)

Part1 基礎編

 

Chapter 1 マクロの記録とVisual Basic Editor

1-1 マクロとは? VBAとは?
1-2 マクロを含むブックを保存する/開く
1-3 マクロの記録でマクロを作成する
1-4 マクロを編集・実行・登録する
1-5 マクロの構成と基本用語
1-6 Visual Basic Editorの基礎知識
1-7 エラーへの対処とイミディエイトウィンドウ

 

Chapter 2 VBAの基本構文を理解する

2-1 マクロの記録の限界
2-2 VBAの基本用語と基本構文
2-3 オブジェクトの親子関係
2-4 コレクションを操作する(すべてのブックを閉じる)

 

Chapter 3 ブックとシートをVBAで操作する

3-1 ブックを開く/閉じる
3-2 ワークシートの印刷プレビューを実行する
3-3 ワークシートを削除する
3-4 ワークシートを表示/非表示にする
3-5 シートを扱うときの注意点

 

Chapter 4 セルをVBAで操作する

 

Chapter 5 変数を理解する

 

Chapter 6 条件分岐を理解する

 

Chapter 7 繰り返し処理(ループ)を理解する

 

Chapter 8 対話型のマクロを作る

 

 

Part2 実践編

 

Chapter 9 変数の上級テクニックとユーザー定義定数

 

Chapter 10 ユーザーフォーム

 

Chapter 11 基本的な入力や表示を行うコントロール

 

Chapter 12 選択を行うコントロール

 

Chapter 13 その他の便利なコントロール

 

Chapter 14 文字列を操作する関数

 

Chapter 15 日付や時刻を操作する関数

 

Chapter 16 その他の便利な関数

 

Chapter 17 マクロの連携とユーザー定義関数

 

Chapter 18 イベントマクロ

 

Chapter 19 エラー処理

 

Chapter 20 画面表示と組み込みダイアログボックス

 

Chapter 21 グラフをVBAで操作する

 

Chapter 22 ファイルの操作

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

大村あつしプロフィール

プロフィール画像

大村あつし

1996年8月にエーアイ出版より『Excel95で作るVBAアプリケーション〜 VBAで作る販売管理システム〜』でITライターとしてデビューしたが、2007年6月にゴマブックスより出版された『エブリ リトル シング〜人生を変える6つの物語〜』で小説家に転身。まだ、IT書籍の執筆は一部、続けているが、現在の活動は小説が中心となっている。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

無料で読めるweb小説

小説を読む
ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

http://www.diamondblog.jp
/official/omura/

大村あつし最近の記事

大村あつし

大村あつしアーカイブス

大村あつしカレンダー

2016年5月
« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031