ペニーレインは今日もアンニュイ
無限ループの小説を読む

大坂なおみvsシモナ・ハレプ、マイアミ2017(女子テニス261)

 

大坂なおみvsシモナ・ハレプの2回戦を観ました。

 

 

結論から言うと、大坂なおみはとてもクレバーにテニスと向き合っていますね。

 

 

正直に言うと、周りがあまりに「200Kmのサービス」と騒ぐので、丁半博打プレイヤーになるのではと思っていましたが、確実にストロークの安定感が増しています。

 

 

あのシモナ・ハレプ相手に、互角にラリー勝負をしていましたから。

 

 

この試合、ハレプは得意の「ボールの外側を引っ掛けるスピンボール」で臨みました。

 

 

言葉で説明するのは非常に難しいのですが、雑に言ってしまえば、ボールに下回転と左回転をかけるスピンです。

 

 

ですから、空中で下方向に沈んで行って、落下した後は相手選手の右側に跳ねます。

 

 

すなわち、大坂なおみから見たら、フォアハンドのときは体からボールが逃げていき、バックハンドのときに体に向かってボールが伸びてくるわけです。

 

 

しかし、大坂なおみは完璧にこの「ハレプ・スピン」に対応していました。

 

 

となると、サービスで勝る大坂なおみに勝機が出てくるわけですが、そこはさすが元世界ランク2位のハレプ。

 

 

3rdセットは下回転だけの、しかしその分スピン量を増やして弾むボールで大坂なおみを倒しましたが、大坂はあのサービスにこのストロークの安定感ですから、もはやいつ覚醒してもおかしくないですね。

 

 

蛇足ですが、ハレプは特段好きな選手ではないのですが、インディアン・ウェールズのとき、ラケットを交換しようとして、ビニールから出すときにうっかりベンチに座ってしまい、主審に

 

 

“Don’t sit down, please”

 

 

と注意されたときに(ちなみに、コートチェンジ以外でベンチに座るのは反則です)、きょとんとした顔で審判を見ていた、その顔におじさん胸がキュンとしてしまいました(*^^*)

 

 

ということで、写真は前回話題に挙げたマンディー・ミネラで、「テニスをしているときにもこんなに美しい」という証明写真です。

 

 

mandyminella-cropped_12i0sirmf48xt1xpeenk5ojvm0

 

 

ただ、テニス選手としてもう晩年期に差し掛かっていますので、この美貌を拝めるのもあと2年くらいでしょうか。

 

 

 

テニス好きの方はポチッとお願いします→ にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへ 

 

 

→ 最初へ     → 次へ

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

大村あつしプロフィール

プロフィール画像

大村あつし

1996年8月にエーアイ出版より『Excel95で作るVBAアプリケーション〜 VBAで作る販売管理システム〜』でITライターとしてデビューしたが、2007年6月にゴマブックスより出版された『エブリ リトル シング〜人生を変える6つの物語〜』で小説家に転身。まだ、IT書籍の執筆は一部、続けているが、現在の活動は小説が中心となっている。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

無料で読めるweb小説

小説を読む
ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

http://www.diamondblog.jp
/official/omura/

大村あつし最近の記事

大村あつし

大村あつしアーカイブス

大村あつしカレンダー

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031