ペニーレインは今日もアンニュイ
無限ループの小説を読む

スビトリーナ涙のトロント・オープン2017優勝!(女子テニス317)

 

タイトル通り、エリーナ・スビトリーナが涙のトロント・オープン優勝です!

 

 

svitolina_wozniaki

 

 

と言っても、泣いたのはスビトリーナではありません。

 

 

ボクです(笑)

 

 

ダリア・カサキナのチャールストンのプロ初優勝。

 

 

ペトラ・クビトバの惨劇による怪我から復帰してのバーミンガムの優勝。

 

 

今年、三度目の涙です。

 

 

もっとも、スビトリーナはこれで今年5回目の優勝で、もはや慣れたものなのですが、それでも泣いてしまったのは、準優勝のキャロライン・ウォズニアッキの涙でした。

 

 

テニスの決勝戦は本当に残酷ですね。

 

 

ウォズニアッキにしてみれば、すぐにでもロッカールームに帰って悔し泣きしたいところを、表彰式に出なければなりません。

 

 

ちょっと回数がわからないのですが、ウォズニアッキもこれで今年4、5回準優勝のはずです。

 

 

言い換えれば、決勝戦でそれだけ負けている、その悔しさが爆発したんでしょうね。

 

 

それでも、きちんと優勝したスビトリーナを称える姿は美しいと思いました。

 

 

今年も、「テニス界のモンロー・ウォーク」と言われる彼女の安産型のヒップ姿を、有明で間近で見られるかもしれませんね。

 

 

ただし、順調にポイントを重ねているスビトリーナは、今年は東レPPOはスキップしそうな気がしますが。

 

 

そして、優勝スピーチの最中にスビトリーナも涙をこらえていましたが、ボクの邪推ですが、やはりそれだけ全仏オープンとウィンブルドンの敗退が悔しかった、だからこそこのトロント・オープンは絶対に勝ちたかった、そうした感情が沸き上がったのだと思います。

 

 

試合のほうは、守りながらも攻撃もできるウォズニアッキと、攻撃しながらも抜群のフットワークで守ることもできる、テニス界屈指の2人のオールラウンドプレイヤーの対戦ということで、サービスのフリーポイントを除けば、1ポイント取るために10回以上、時に20回以上ラリーをしなければならない、精神的にも体力的にも本当にタフな戦い。

 

 

1stセットに限れば、恐らく今年観た中で一番面白かったですね。

 

 

ただ、体力勝負になるのは最初の2ゲームでわかりましたので、仮にスビトリーナが負けるとしたらセットカウント0-2しかないと思っていました。

 

 

フルセット勝負になれば、体力的にスビトリーナが有利だからです。

 

 

ですから、1stセットをスビトリーナが取った時点で勝ちを確信しましたが、恐らくウォズニアッキも負けを覚悟したのでしょう。

 

 

ウォズニアッキの疲労は予想以上で、2ndセットはラリーを嫌がってムーンボールやフォアハンドスライスばかり打っていましたが、精神的にも負けを覚悟していたからこそ、ベーグルになったのだと思います。

 

 

スビトリーナは、強いて言えば、もう少しダウンザラインが欲しいところですが、これは今後の課題ということで、いずれにしても今年すでに5勝、そのうち3勝はプレミア5ですから、もうこの強さは本物と言ってもいいでしょう。

 

 

ボクも同じことを思っていましたし、スビトリーナもカサキナ戦の後のインタビューでそう言っていましたが、思えば初戦のダリア・カサキナ戦の2ndセット、まったくやる気なく0-4とリードされたところからの6ゲーム連取の逆転勝ちでアイドリングからエンジンが入り、ガルビネ・ムグルサ戦に勝った瞬間にトップギアに上がり、その瞬間にこの大会の優勝はスビトリーナと決まったのかもしれません。

 

 

解説も、まさしく「カサキナ戦でアグレッシブさを取り戻してから、今大会のスビトリーナは強い」と、1stセット4-4の時点で、スビトリーナが有利という予想をしていましたが、見事に予想を当てました。

 

 

これで、スビトリーナにはしっかりと休んでもらって、まだまだグランドスラムの優勝がないために彼女の実力に気付いていない人が世界中にはたくさんいますので、プリスコバがパッとしない現在、全米オープンの優勝はエリーナ・スビトリーナということで、しばらくはテニス観戦のペースを落とそうと思います。

 

 

蛇足1

ウォズニアッキのコーチがお父さんであることはテニスファンの間では有名な話ですが、お父さんはウォズニアッキのことを「カロリーナ」と呼びます。

 

 

父親が娘の名前を間違えるはずがないので、キャロライン・ウォズニアッキの本名は「カロリーナ」なんだと思います。

 

 

蛇足2

WTA TVに加入したことで退会したDAZNですが、まるでボクの退会を待っていたかのように(笑)、今頃になってPS4に対応しました。

 

 

本音を言えば、パソコン経由でテレビで観たくないので、もう一度1カ月だけDAZNに入って、PS4だとどんな感じなのか確かめてみようと思います。

 

 

ただ、誰とは言いませんが、一部の日本人解説者は交代して欲しいですね。

 

 

目の前で女子選手が戦っているのに、「今、ナダルが1stセットを落としましたよ」なんて解説者を雇っている時点で、DAZNのレベルは推して知るべしなので。

 

 

あと、どうでもいいフレームショットを、「あー、今のはフレームに当たりましたねー」「観客席にボールが飛び込みましたねー」「ボールがイレギュラーしたようには見えなかったんですが」「ラケットを見て首をかしげてますねー」と、もう次のプレーが始まっているのにずっと一人語りをする女性解説者も変えて欲しいです。というか、一人語りなので実況は不要です(苦笑)

 

 

 

テニス好きの方はポチッとお願いします→ にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへ 

 

 

→ 最初へ     → 次へ

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

大村あつしプロフィール

プロフィール画像

大村あつし

1996年8月にエーアイ出版より『Excel95で作るVBAアプリケーション〜 VBAで作る販売管理システム〜』でITライターとしてデビューしたが、2007年6月にゴマブックスより出版された『エブリ リトル シング〜人生を変える6つの物語〜』で小説家に転身。まだ、IT書籍の執筆は一部、続けているが、現在の活動は小説が中心となっている。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

無料で読めるweb小説

小説を読む
ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

http://www.diamondblog.jp
/official/omura/

大村あつし最近の記事

大村あつし

大村あつしアーカイブス

大村あつしカレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031