高羽そらさんインタビュー

凄まじい一人語りに釘付け

小説を読むとき、ボクは物語を脳内で映像化する。だから映画を観ているのと同じような感覚で読む。外国の小説ならハリウッド俳優を思い浮かべ、日本の作品ならピッタリの俳優さんを想像する。

 

読了したばかりの小説は。アメリカの物語。主人公は66歳の女性。ボクが思い浮かべたのは、キャシー・ベイツだった。

 

97C9782B-8B93-4C9E-99D6-8CA4562CD560

2021年 読書#107

『ドロレス・クレイボーン』スティーブン・キング著という小説。主人公の名前がそのままタイトルとなった作品。この小説は形式がユニーク。主人公の一人称で語られているのは普通。だけど質問に答えるという、一人語りの形式になっている。

 

文庫本で360ページほどある小説だけれど、一度も行間が開かない。ず〜っと最後まで文章が続いている。ラストでわかるけれど、昔のレープレコーダーで10本分の内容をドロレスは語っている。だから続きを読む場合、どこまで読んだか記憶しておかなければいけない。

 

ドロレスの仕事は家政婦。18歳のころからヴェラという大金持ちの女性の別荘で働いていた。昔はヴェラにも家族がいたけれど、年老いてからはその別荘で一人暮らしをしていた。だからドロレスとは50年近いつきあいになる。

 

ある日、ヴェラが変死体で発見される。疑われたのがそのとき一緒にいたドロレス。その結果、警察の取調室で尋問を受けることになった。彼女はヴェラを殺していないと答えた。ただし29年前に事故死したことになっている夫のジョージを殺した、と告白した。

 

ドロレスがヴェラを殺していないことを知ってもらうためには、その事実を話す必要があったから。そこから彼女の一人語りが始まる。夫との出会い、ヴェラに家政婦として採用された経緯、そして長男、長女、次男のことについて。

 

とにかく夫のジョージはゲス野郎。15歳になった長女のセリーナに手を出そうとしたり、ドロレスが必死になって子供たちのために貯金した預金を、銀行を騙すことで自分の名義に変えてしまった。子供たちの将来のために夫から逃げようと思っていたけれど、あてにしていたお金がない。

 

ドロレスは子供のために夫を殺すことを決断する。それを後押ししてくれたのがヴェラだった。実は彼女も自分の夫の事故死に関与していた。「子供のために、時には性悪女になる必要がある」と言われたドロレスは、皆既日食の日に夫の事故死を偽装する。そして見事に成功させる。

 

ただしジョージは簡単に死んでくれなかった。古い井戸に落とす計画は成功したけれど、瀕死の状態で這い上がってこようとした。だからドロレスは自分の手で夫を殺すしかなかった。その罪悪感は彼女につきまとっていた。それはヴェラも同じで、二人は同じ重荷を背負った同志だった。それゆえドロレスがヴェラを殺すなんてありえない。

 

二人は複雑な関係だったけれど、心の奥底で理解し合っていた。最終的にドロレスの無罪は認められる。それどころか、夫を殺した告白についても、尋問した警察官たちは口を閉ざした。物語を読めばわかるけれど、彼女を起訴する気にはなれないだろう、

 

ヴェラは莫大な遺産をドロレスに残した。だけど彼女はそのすべてを慈善団体に寄付する。そんなドロレスはめちゃカッコいい。政治家、そして著述家として成功している長男と長女は、彼女の犠牲によって人生を開くことができたから。とにかく彼女の一人語りに釘付けになり、圧倒されっぱなしの物語だった。

 

このドロレスを演じられるとしたら、キャシー・ベイツしかいない。そう思って調べてみたらビックリ!

 

1995年に『黙秘』というタイトルで映画化されていて、ドロレスを演じていたのはなんとキャシー・ベイツだった。ボクの頭にはスティーブン・キング繋がりで、『ミザリー』で主演した彼女が思い浮かんだんだと思う。この映画のキャストを決めた人も同じかな?

 

だけど『ミザリー』のアニーと、『黙秘』のドロレスはまったくちがうタイプの人物。だけどキャシー・ベイツなら完璧に演じているはず。機会があったらぜひ映画も観たいと思う。

 

ブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2021年10月
« 9月   11月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/