ペニーレインは今日もアンニュイ
無限ループの小説を読む

女子テニスのあるある(ムグルサを見ていて気が付いた)チャールストン2017(女子テニス265)

 

昨日のブログで、ローレン・デイビスが40-0から自滅テニスでサービスゲームを落とした(ついでに言えば、そのショックで試合にも負けた)と書きましたが、ふと女子テニスのあるあるを思い出しました。

 

 

ボクがこの法則に気付いたのは、ガルビネ・ムグルサの試合を観ていたときですが、その後、びっくりするくらいにこの法則が当てはまることに気付きました。

 

 

garbine-muguruza-french-open-2016

 

 

そうは言っても、確率は20%あるかないかですが。

 

 

ということで、もったいぶっていても仕方がないので書きますと、女子テニスには、

 

 

サーバーが40-0からつまらない自滅ミスをしたら、あっさりとDEUCEにまで追い込まれるという法則があります。

 

 

まず、これはサーブが強い男子テニスには当てはまりません。

 

 

また、あくまでも「自滅ミス」ですので、リターンエースを喰らうとか、ロングラリーで競り負けるというのも関係ありません。

 

 

より具体的には、次のようなミスをすると、あっという間にレシーバーに追いつかれてしまいます。

 

 

1.ダブルフォルト

2.相手のリターンをミスする「3本目のミス」

3.イージーなスマッシュをミスをする

 

 

こんなミスをすると、それこそラブゲームでキープかと思っていたゲームがもつれることが多いです。

 

 

実際に、ムグルサは本当にDEUCEが多い選手ですが、注意深く見ていると、40-0から「2」と「3」のミスをすることが多く、結果レシーバーに追い上げられてDEUCEになってしまうわけです。

 

 

これは、ムグルサに限らず、女子テニスでは時々見るあるあるです。

 

 

今度試合を観るときに、サーバーが40-0になったら、ぜひ意識してみてください(*^^*)

 

 

 

テニス好きの方はポチッとお願いします→ にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへ 

 

 

→ 最初へ     → 次へ

コメント (3件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

  1. あとタイトルの記事にも言及するとすればこれ錦織あるあるなんですよね。まああのサーブだから致し方ないところはありますが。フェデラーがこんな落とし方している印象ないですしね。

  2. 大村さん、カサキナとプイグの記事を書くかもしれないと思いますが一応ここで自分の感想を手短にでも。


    カサキナはループフォアをプイグのフォア側に集めていたように見えましたけど、途中からプイグが対応してしまったからこそ縺れたのではないかと。

    自分がカサキナ陣営でオンコートコーチングができるのならループフォアはセンターとバック。あとプイグが対応してきたらスライスでチェンジオブペースをしろと言いますかね。そうすればもっとポイントがとれたと思います。

    • はい、同じことをブログに書こうと思っています。
      というか、プイグは調子は悪くなかったですよね。
      もっとも、ファイナルセットは「カスタネットの女」から、
      ウィナー、ミス、ミスの「ワルツの女」になりましたが(笑)


コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

大村あつしプロフィール

プロフィール画像

大村あつし

1996年8月にエーアイ出版より『Excel95で作るVBAアプリケーション〜 VBAで作る販売管理システム〜』でITライターとしてデビューしたが、2007年6月にゴマブックスより出版された『エブリ リトル シング〜人生を変える6つの物語〜』で小説家に転身。まだ、IT書籍の執筆は一部、続けているが、現在の活動は小説が中心となっている。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

無料で読めるweb小説

小説を読む
ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

http://www.diamondblog.jp
/official/omura/

大村あつし最近の記事

大村あつし

大村あつしアーカイブス

大村あつしカレンダー

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930