ペニーレインは今日もアンニュイ
無限ループの小説を読む

マーケタ・ボンドロウソバ(17歳)、ビール/ビエンヌ2017優勝の快挙!(女子テニス273)

  

今日は、Marketa Vondrousovaというチェコの弱冠17歳の選手の話ですが、まず、彼女の正式名がまだわかりません。

 

 

ただ、アメリカの実況では「マーケタ・ボンドロウソバ」と呼んでいます。

 

 

まあ、アルファベットをカタカナにするほどナンセンスなことはないのですが、現時点では「マーケタ・ボンドロウソバ」と表記します。

 

 

実は、ボクはこのボンドロウソバという選手は知りませんでした。

 

 

3回戦のクリスティーナ・プリスコバ戦の前に、対戦相手の情報を見ておこうと思ったら、ランキングは280位台。

 

 

「どうして、こんな選手が予選を勝ち上がって、インターナショナルトーナメントに出場できて、しかも3回戦まで残っているの?」

 

 

そうは思いましたが、99年生まれの17歳ですので伸び盛りなのかなとも思いましたが、それも2回戦まで。

 

 

3回戦はクリスティーナ・プリスコバのサーブの前に砕け散ると思ったのですが、見事にクリスティーナを粉砕。

 

 

もっとも試合前に嫌な予感はしました。

 

 

ボクの中で、「10代でナイキのウエアを着ている選手は必ず伸びる。最低でも確実にTOP50には来る」という法則がありますので、ナイキのウエアに身を包んだボンドロウソバを見たときに、

 

 

「これは、クリスティーナは1stサーブを60%入れないと負けもあるかも」

 

 

と思ったのですが、クリスティーナの1stサーブは40%台で、ボンドロウソバは見事にクリスティーナを撃破しました。

 

 

このときに気付いたのですが、ボンドロウソバも1stサーブではまったく負けておらず、180Km出ていたのですが、もはやほとんどダブルファーストなのですが、ダブルフォルトが2本しかない完璧なテニス。

 

 

彼女の武器の1つは、明白に2ndサーブですね。

 

 

もっとも、こんなテニスをあと2試合続けられるのかと思いましたが、見事に準決勝、決勝と勝利し、予選から勝ち上がってのプロ初優勝です!

 

 

b7fc6222aefb745d60e10ac8162f8bdf

 

 

この「予選から」というのがすごいですね。

 

 

予選で2試合戦ったのか3試合戦ったのかわかりませんが、仮に3試合ならボンドロウソバは8連勝で優勝したということです。

 

 

もはや、これはまぐれではありませんね。

 

 

もちろん、彼女の凄さは2ndサーブだけではありません。

 

 

安定したハードヒットと、その威力で相手を下げてから打ってくるドロップショットも女子テニス界屈指の技術を持っていますね。

 

 

ドロップショットは確かに拾われることはありますが、ベースライン付近からあれだけの低い弾道で打って(ですから、相手選手は打たれるまでドロップショットとは気付きません)、ボクが見た限りではまったくミスをしていませんでした。

 

 

もちろん、今年は覚醒したと思ったロシアのカリンスカヤがその後成績を残せていないなど、ボンドロウソバを評価するのは早計かもしれませんが、それでも予選から勝ち上がっての優勝ですから、今後も要チェック選手になったことは確実ですね。

 

 

今の彼女なら、世界ランク1位のアンジェリック・ケルバーにも勝てます。

 

 

また、プロ初優勝がかかっているのに、まったく動じないメンタル。

 

 

さすがに、チャンピオンシップポイントのときには1stサーブを置きに行き、若干の緊張は見せていましたが、この優勝でボンドロウソバはドンドンと順位を上げてくることは確実と見ていいと思います。

 

 

ボクのアイドルで同い年のキャサリン・CiCi・ベリスより先に優勝を飾りました。

 

 

これは、今後、ボンドロウソバは各選手にとって相当な脅威になりますね。

 

 

個人的には、30代の一部選手にはそろそろ引退をお願いしたいと思っていますが、彼女たちに引導を渡す若手は、97年組のダリア・カサキナと大坂なおみ、そして99年組のマーケタ・ボンドロウソバとキャサリン・ベリスなら最高の展開ですね(*^^*)

 

 

テニス好きの方はポチッとお願いします→ にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへ 

 

 

→ 最初へ     → 次へ

コメント (59件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

  1. いよいよ本日のナイトマッチのメインできましたね。シャワポワのWCに攻撃したラドワンスカは既にマカロバに敗退しました。

    少なくともクレーでは心配いらない相手になったのではないかと。

    あとはビンチ戦なんとかストレート勝利でいかないと、ここから連日の試合なのでフルセットだけは避けたいですね。

    • 今、1xBETでカサキナvsベスニナを見ていますが、画像の悪さに耐えられません。
      Jコンタvs大坂なおみはDAZNで見たいですね。
      シャラポワは、時間的に見るかどうか微妙です。
      見れなければ、明日ダイジェストで見てから東京に行きます。

  2. 大村さんに言われて今WTAサイト見てびっくりしましたよ。確かにpdfではなくなっていますよね。

    • はい。
      ドローサイズ32くらいならいいですが、WEBでドローサイズ128のGSを見るのはきついですね。

  3. 大村さん、シャワポワとビンチの試合もう1日お待ちください。

    • すみません。
      ちょっと風邪で数日寝込んでおりまして、しかも、
      27日から30日まではポールマッカートニーのライブで東京なので、
      現在、安静にしています。

      一応、セバストワvsストーサーを見ましたが、予想通りセバストワが勝ちましたね。
      セバストワは、「乾燥していて、足元が滑る」と言ってましたね。

      ただ、セバストワのアドサイドからのワイドサーブは100%、ストーサーに見抜かれてましたね。
      トスアップしたときにはストーサーは左に回り込んでいて、ワイドサーブをフォアハンドでウィナーですからね。
      これは各選手、今後のセバストワ対策に使えるのではないでしょうか。

      それよりも、WTAサイトが一新してしまって、ドロー表をWEBでは見られるのですが、
      PDFでダウンロードできないようですが、方法をご存知ですか?

      明後日から東京ですので、明日のシャラポワを見られるかは開始時間しだいになりそうですね。
      ちなみに、WTAのサイトで驚いたのですが、ブシャール、またベーグル喰らって1回戦負けですね。
      真面目な話、需要があるうちに解説者にでも転向した方がいいかもしれませんね。

  4. 大村さん、今更ですがテニスチャンネルの
    スティーブンスによるカサキナインタビュー動画なんですが


    https://twitter.com/TennisChannel/status/849664243242749952


    スティーブンスはこれだけ見てるととてもディフェンディング女王には見えないですね。というよりインタビュアーとして引退後もやっていけるレベルですね。

    あとカサキナのツイッターのトップ画像で気がついたのですが、カサキナのフィットネス担当のカサキナのお兄さんって目元と顔の輪郭がそっくりですね。紛れもなく兄妹ですね。

  5. チブルコバのところにムグルサが入るので、カサキナと大坂なおみの初対戦の可能性ですね。

    正直いってクレーでは圧倒的にカサキナ有利なのは間違いないところですね。
    カサキナはスライスをやっていればオスタペンコ以上に大坂なおみはミスなりショットが甘くなるはずですから。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

大村あつしプロフィール

プロフィール画像

大村あつし

1996年8月にエーアイ出版より『Excel95で作るVBAアプリケーション〜 VBAで作る販売管理システム〜』でITライターとしてデビューしたが、2007年6月にゴマブックスより出版された『エブリ リトル シング〜人生を変える6つの物語〜』で小説家に転身。まだ、IT書籍の執筆は一部、続けているが、現在の活動は小説が中心となっている。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

無料で読めるweb小説

小説を読む
ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

http://www.diamondblog.jp
/official/omura/

大村あつし最近の記事

大村あつし

大村あつしアーカイブス

大村あつしカレンダー

2017年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930