ペニーレインは今日もアンニュイ
無限ループの小説を読む

スビトリーナ、ケルバーを撃破、ブリスベン国際2017(女子テニス221)

 

この日から突然、実況が日本語になり、解説までついたDAZNですが、そんなお金があるならサーバーの増強を急いでもらいたいです。

 

 

5分おきにフリーズでは、なにも面白くありません。

 

 

そしてついに「回線エラー」のメッセージで視聴不能になりましたが、「回線エラー」ではなく「サーバーエラー」です。

 

 

実況も日本人にありがちな、ランキングの高い選手を主語にして褒めちぎる、僕が一番嫌いなタイプ。

 

 

スビトリーナに関しては、実況も解説も、「良く走る選手ですね」って、スビトリーナは陸上選手ではありません。

 

 

それに、1stサーブでは178Kmを計測しているのに、あえて触れないかのように、「サーブに助けられたスビトリーナ」って、昨年の東レPPOの戸崎貴広氏の実況を思い出してしまいました。

 

 

仕方がないので最後はスマホで観ましたが、スマホで観るテニスがこんなにつまらないとは・・・。

 

 

スビトリーナは、確かに良く走っていましたが、これは昨年に多くの選手がケルバー対策で取り組んできた、ケルバーのセンターにボールを返して、ケルバーにアングルショットを打たせまくってミスを誘ったからで、ケルバーに走りまわされたわけではなく、走り回って勝ちを狙うというれっきとした作戦です。

 

 

相手はグランドスラム2回優勝の世界1位の選手なのですから、当たり前のことをしていても勝てないのです。

 

 

そして、実際にケルバーは角度のつけにくいセンターポジションからアングルショットを多発して、スビトリーナの倍以上のミスを出していましたが、「前哨戦なので、色々なことを試した結果」と、まるでスビトリーナの勝利はまぐれと言わんばかり。

 

 

お願いですから、「テニス」の前に、「テニスを観ている人の気持ち」を考えてください。

 

 

視聴者全員がケルバーのファンなわけではありません。

 

 

こんな実況と解説が続くなら、もうDAZNは解約します。

 

 

ということで、ケルバー相手に走り回って戦うという選択をしたスビトリーナですが、2回戦のロジャーズ戦もフルセットマッチでしたし、ケルバー戦では確実に2Kmほど走り回りましたので、次の試合はかなり厳しいと思います。

 

 

というより、スビトリーナ自身も次の試合で負けても悔いはないでしょう。

 

 

ただ、次の試合の相手はカロリーナ・プリスコバ。

 

 

もしプリスコバのサーブが不調なら、プリスコバはラリープレイヤーではないので勝機はあります。

 

 

いずれにしても、プリスコバのサーブしだいの試合になるでしょうね。

 

 

仮に勝てても、今年に入ってから際立った強さではないのですが、しっかりと守ってラリーをするプレースタイルに変えたガルビネ・ムグルサと決勝で当たる可能性が高いので、スビトリーナの優勝は難しいと思っています。

 

 

それよりも、スビトリーナがシドニーオープンにエントリーしているのかわかりませんが、これでシドニーオープンに出場したら、肝心の全豪オープンは3回戦当たりで力尽きますね。

 

 

ブリスベン国際でモニカ・プイグとアンジェリック・ケルバーに勝ったのですから、スビトリーナはシドニーオープンはスキップするべきというのがボクの考えです。

 

 

いずれにしても、大好きな選手が勝ったのに、色々な意味で不快と不安しかなく、まったく楽しくない試合でした。

 

 

ただの愚痴になってしまったので、最後にコートの妖精の写真でお口直しをしてください(*^^*)

 

 

197104_headshot

 

 

テニス好きの方はポチッとお願いします→ にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへ 

 

 

→ 最初へ     → 次へ

コメント (7件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

  1. 吉田友佳さんはフェド杯の監督を首にされた後、お子さん産んだはずだったのですが、復帰がはやかったんですね。

    フェド杯の監督なら解説業に差し支えないでしょうし、土橋監督次第ですが、またやってもらいたいところですかね。

  2. スビトリナは確かに無理してシドニー出場する必要ないと思いますが、ケルバーはまだ何試合かこなしたいってケルバー本人が言ってましたね。

    確か昨年のスビトリナはホップマンカップをこなした後シドニーを戦っているのでひょっとしたら1試合はやるのではと思ってます。

    • そうですか。
      個人的には、ブリスベンでプイグ、ケルバー、プリスコバと十分に実践を積んだので、
      スビトリーナにはシドニーには行かずにメルボルンに行って欲しいですが、
      こればかりは陣営が考えることですからね。

      それにしても、プリスコバは棒立ちでボールを待ってしまうという欠点を克服して、
      一歩中に入りつつ叩きつける、以前のムグルサのようなストロークになって安定してきましたね。
      これは、今後は期待が持てそうです(*^^*)

  3. 神尾米さんでもかなりえこひいきな解説してるので思い出したんですけど、考えて見たら女子の解説ってかなりえこひいきな傾向がありますよね。

    伊達公子さんも解説時代は確かえこひいきしていたはずですし、沢松奈生子さんは露骨にキリオス批判が止まらないですからね。ただそれでもセレナだけはみんな認めざるを得ないって雰囲気で解説してますよね、好き嫌いはおいといて。

    • 今日の解説の吉田友佳さんは素晴らしかったですよ!
      ぜひとも、DAZNの試合はすべて吉田さんでお願いしたいです(笑)
      WOWOWは、もちろんボクのアイドル、杉山愛さんで(爆)

  4. DAZNそんなにダメですか。

    まあ自分は使っていないのでこれ以上言うことがないのですが、スビトリナはまたもケルバーとの守備力対決に勝利しましたね、ケルバーファンからすれば全豪にとっておくとか言っていますが、まあここで借りを返さないとメンタル的にスビトリナに自信つけられて大変なことになるのは目に見えているわけだし、ケルバーはなんとしてもスビトリナに負けられなかったはずです。

    そういった状況でのこの敗戦だったわけでシンプルに今年ケルバーは1位を守れないのではと思えますけどね。

    一方スビトリナに関して前回トップハーフ、ボトムハーフどっちでもいいと言いましたが、これで断然ケルバーのいるトップハーフがいいですね。セレナに対してもリオ五輪で勝利したことによってメンタル的に楽に戦えるとは思いますが、やはりケルバーより勝率は落ちると思いますし。

    そしてスビトリナは全豪でベスト8以上いけば今年のトップ10達成は間違いないとみてます。2月になるか3月になるのかわかりませんが時間の問題ですね。

    • 実況も最初は公平を心掛けていたんですが、2ndセットでケルバーが調子を上げ始めたら、
      完璧にケルバー目線になりました。
      よっぽどケルバーが好きなんでしょうね。
      だから、「所詮、前哨戦なので色々なプレーを試した結果」にしたかったのでしょう。

      神尾米さんも何年もテレビを通じて思うのですが、ご自身が温厚だからかもしれませんが、
      気性の激しい選手を嫌う傾向があって、たとえば彼女がシャラポワを誉めた記憶がありません。
      また、ベンチッチも絶対に誉めませんね。
      スビトリーナも気性が激しいので、ついに一言も誉めずに、
      「良く走る選手」というのが精一杯でしたが、
      「このフットワークはシモナ・ハレプやラドワンスカに負けていないですね。
      素晴らしいです」
      の一言が出てこないようでは解説者失格だと思います。

      テニスはポイントのカウントが難しいので予測は難しいのですが、
      スビトリーナはTOP5を狙えると思いますし、
      ポイントがばらけたら1位になっても不思議はないと思っています。
      ちなみに、プリスコバも2年前からそう思って見ていました。

      スビトリーナは、ブログに書いた通り、来週も大会にエントリーするようなら無理ですが、
      全豪オープンでは確実に優勝候補の1人だと思います。


コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

大村あつしプロフィール

プロフィール画像

大村あつし

1996年8月にエーアイ出版より『Excel95で作るVBAアプリケーション〜 VBAで作る販売管理システム〜』でITライターとしてデビューしたが、2007年6月にゴマブックスより出版された『エブリ リトル シング〜人生を変える6つの物語〜』で小説家に転身。まだ、IT書籍の執筆は一部、続けているが、現在の活動は小説が中心となっている。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

無料で読めるweb小説

小説を読む
ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

http://www.diamondblog.jp
/official/omura/

大村あつし最近の記事

大村あつし

大村あつしアーカイブス

大村あつしカレンダー

2017年1月
« 12月   2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031