ペニーレインは今日もアンニュイ
無限ループの小説を読む

プリスコバ、ブリスベン国際2017優勝!(女子テニス223)

 

テニス界随一の美脚、カロリーナ・プリスコバ

 

 

今シーズン最初のプレミアトーナメント、ブリスベン国際で優勝です!

 

WTA+Aegon+Open+Nottingham+Day+5+fYqjqe1drgex

 

 

前々回のブログで、「プリスコバはラリープレイヤーではない」と書きましたが、これは撤回しないといけませんね。

 

 

プリスコバは、深いボールを一歩下がって打たなければならないようなときに、その場で棒立ちでストロークをしてネットにかけてしまう欠点があったのですが、オフシーズンに完全に改善し、この試合のようにサーブの出来が悪くてもラリーで勝てる選手になりました。

 

 

また、メンタルも、昨年のリオオリンピックをシモナ・ハレプとともに欠場し(理由は「ジカ熱」でしたが、ポイントがもらえないからスキップしたのは明白です)、絶対に負けられないシンシナティ・オープンで、勝てば世界ランク1位になるアンジェリック・ケルバーを破って優勝したことで、完全に一皮むけました。

 

 

1stサーブの確率が悪くても、0-30になると突然のサービスエース2本で相手の戦意を喪失させる、他の追従を許さないビッグサーバーが、ストロークが改善されて、メンタルは強くなり、さらには元々ダブルスにも出場しまくっているわりにはあまり多用しなかったネットプレーでのポイント獲得率も高く・・・

 

 

プリスコバは確実に全豪オープン優勝候補の一人だと思います!

 

 

本音を言えば、プリスコバには優勝スピーチで怪我と戦っているペトラ・クビトバにエールを送って欲しかったとも思いますが、DAZNは2回戦までは英語の実況で、3回戦から日本語の実況に変わりましたが、スビトリーナのことを「エリートトロフィーでペトラ・クビトバと戦った選手」とか、プリスコバのコーチが昨年までクビトバのコーチでしたので、「クビトバ」という単語は何度も登場するのですが、ついに一度もクビトバの傷害事件には触れられませんでした。

 

 

恐らくですが、WTAからかん口令が敷かれている可能性がありますね。

 

 

1週間後には全豪オープンですから、その前に仕事を頑張っておかないとなりませんので、シドニーオープンは基本はベリンダ・ベンチッチを中心に観ます。

 

 

テニス好きの方はポチッとお願いします→ にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへ 

 

 

→ 最初へ     → 次へ

コメント (7件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

  1. 大村さん、キャサリン・べリスの学業問題はいったんおいといていいのではないかと。

    なぜなら万全ならばシドニー、全豪、高雄とエントリーしていたわけですし。
    18になればエントリー制限なくなるのでWTAツアーに積極的に参戦していくと睨んでいますけどね、自分は。

  2. いや臀部の怪我みたいですね。
    やはり11月、12月の連戦に耐え切れなかったのではないかと。

    さすがに高雄には出場してほしいのですが。

    • そうですか。
      しかし、全豪欠場は残念ですが、本人もまだ自分のフィジカルがどの程度なのか
      わからないのかもしれませんね。
      これをいい経験に、今後のGSは欠場なしで頑張ってほしいですね。
      ボクの中ではルックスはルイーザ・チリコがダントツなのですが、
      CiCiはファッション雑誌の表紙のようで、むしろ女性に受けそうですね。

  3. 大村さん、キャサリン・べリスがシドニー予選キャンセルしましたが、残念なことに
    全豪もキャンセルしました。

    これで尚更高雄オープン注目せざる得なくなりましたね。サンクトペテルブルクもありますが。

    • え、ベリスがシドニーはともかく全豪をキャンセルって・・・。
      それで台湾に出場とは・・・。
      やはり、学業との両立の問題なのでしょうか・・・。
      楽しみが1つ減りましたね。

  4. 深いボールの処理で思ったのですが、土居美咲はウィナー狙いのテニスしかする気がないのか深いボールへの処理がうまくいかなくミスのオンパレードなんですよね。

    そうやって流れを失うとせっかく改善しつつあるバックハンドの機嫌までそこねてしまって試合を壊してしまうんですよね。

    土居美咲としてはウィナー狙いをすっぱりやめろとは言いませんが、ケルバーやスビトリナみたくベースラインから下がってのテニスも展開できないとじり貧ですね。

    やっぱり土居美咲はクビトバのテニスをやりたいとしか思えないです。

  5. そうですね、プリスコバはシンシナティ優勝してニューヘイブンをスキップしての全米準優勝でしたから、今回も全豪へのピーキングへの合わせは間違いないとみるのが普通の予想ですよね。

    スビトリナは2試合くらいで撤退してもらいたいものですが果たしてどうなるかですね。


コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

大村あつしプロフィール

プロフィール画像

大村あつし

1996年8月にエーアイ出版より『Excel95で作るVBAアプリケーション〜 VBAで作る販売管理システム〜』でITライターとしてデビューしたが、2007年6月にゴマブックスより出版された『エブリ リトル シング〜人生を変える6つの物語〜』で小説家に転身。まだ、IT書籍の執筆は一部、続けているが、現在の活動は小説が中心となっている。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

無料で読めるweb小説

小説を読む
ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

http://www.diamondblog.jp
/official/omura/

大村あつし最近の記事

大村あつし

大村あつしアーカイブス

大村あつしカレンダー

2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031