ペニーレインは今日もアンニュイ
無限ループの小説を読む

カサキナ、バボスを撃破、シドニーオープン2017(女子テニス225)

 

ダリア・カサキナはボクの娘とも言うべき大好きなプレイヤーですが、この試合は対戦相手のバボスの独り相撲でしたね。

 

 

バボスは、1stサーブの出来がいいと非常に危険なプレイヤーで、直近では昨年の全米オープンで、あのシモナ・ハレプが一度は試合を諦めかけるところまで追い詰めました。

 

 

このときには、チャレンジのあとに審判の対応にバボスが激怒してメンタルを崩し、結局自滅したのですが、この試合もバボスは主審の判定に何度も怒りを爆発。

 

 

チャレンジできない小コートなので主審の判定がすべてなのですが、せっかく1stセットを取りながら、結局自滅に近い形で負けました。

 

 

試合後の主審との握手を拒否しましたので、相当怒っていたのだと思います。

 

 

ちなみに、その前の試合のベリンダ・ベンチッチ対プティンセバでも、2人とも判定に不満があって、特にプティンセバは主審に詰め寄った後、リターンポジションにつくときにラケットを叩きつけて、それがラインパーソンに当たるという事故がありました(これは、プティンセバは罰金を取られる可能性がありますね)

 

 

いずれにしても、チャレンジできる大きなコートで試合をするためには、順位を上げていくしかないのですが、日本人と違ってアメリカ人のカサキナの評価はいつも高く、選手紹介の時に

 

 

Kasatkina is a very strong Russian player.

She’ll be TOP20 this year.

 

 

と、カサキナを褒めちぎっていました。

 

DARIA KASATKINA (RUS) The US Open 2015 - Billie Jean King Tennis The US Open Tennis Championships 2015 - USTA Billie Jean King National Tennis Centre -  Flushing - New York - USA -   ATP - ITF - WTA - 2014  - Grand Slam - USA

 

 

2回戦はアンジェリック・ケルバーなので、まあもう1試合こなして、そうすれば、ブリスベン国際で全仏女王のガルビネ・ムグルサ、そして2回戦で全豪と全米の女王と対戦できるので、カサキナとしては、最高の形で全豪オープンに入れますね。

 

 

目指すは、当然TOP8です!

 

 

テニス好きの方はポチッとお願いします→ にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへ 

 

 

→ 最初へ     → 次へ

コメント (12件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

  1. ちなみにシュツットガルトの出場者をおさらいしておきますが、ケルバー、ラドワンスカ、ハレプ、プリスコバ、チブルコバ、ムグルサ、キーズ、クズネツォワです。

    • クビトバは・・・、間に合わないんでしょうか・・・。
      見えない強大な力で、アメリカも日本もクビトバの傷害事件や怪我の状況に触れませんが、
      facebookで左手から肘まで包帯でグルグル巻きにした写真を見て涙が止まりませんでした。
      もう一度、「はまったら宇宙一強い」クビトバのテニスを観たいですね(T_T)

  2. 大村さん、シャラポワがなんとシュツットガルトで復帰確定きましたね。


    http://www.porsche-tennis.de/prod/pag/tennis.nsf/web/german-pressreleases_T16_0515_de

    • これは嬉しいですね!
      10日遅れのお年玉ですね!
      シュツットガルト優勝よりも、全仏オープンに期待が膨らみます。
      どんなコートコンディションでも、土ならシャラポワですからね(*^^*)

  3. 大村さん、チブルコバとブシャール。カサキナとケルバーのネタバレコメントはできないので大坂なおみフェド杯代表選出したんですけども。

    これでもうUSTAは大坂なおみを横取りすることは出来なくなるんですかね?

    • ちょっとわからないのですが、国の威信をかけたフェドカップに出場しておいて、
      あとから国籍を変えた選手って過去にいるのでしょうか?
      このあたり、ボクはまったく詳しくないのですが、大坂なおみは日本人として戦う
      可能性が出てきた気がします。

      ただ、ボクは観ていないのですが、大坂なおみはバラエティー番組にまで出ているそうですし、
      「日本」というぬるま湯につかってしまうことが、
      彼女にとってプラスかどうかはなんとも言えないですね。
      マディソン・キーズと両輪で、アメリカ人としてNo.1を目指した方がいいような気がしますが、どんなものでしょうね。

  4. そうですね、プリスコバは普通に考えたら全豪優勝候補の筆頭ですね。

    ただ実際は優勝候補の筆頭にできない理由があって、それはGS優勝経験がないっていうことなわけです。かといってケルバー、セレナも調子のほどが読めないので本命なしでややプリスコバくらいなところですかね。

    仮にプリスコバが全米優勝していたら今回の全豪は大本命でしたけどね。

    • 今から、全豪を占う意味でウォズニアッキ対プイグを観ます。
      ウォズニアッキもプリスコバの対抗馬になりえますが、
      他の選手にあっさり負ける可能性もありますし。
      というより、今シーズンのウォズニアッキをまだ観ていないので楽しみです(*^^*)

  5. 一方スビトリナだとラドワンスカとプリスコバ、あとセレナも引きたくないといえばないですよね。それ以外のドローならベスト8の可能性が出てきますね。

    • これは期待も込めてですが、ボクはスビトリーナはニューヘイブンで
      ラドワンスカに負けたときよりも、パワーが増しているとみています。
      すなわち、ラドワンスカ相手に勝機は十分だと期待しています。
      もっとも、プリスコバには勝てる気がしません。

      ボクはあまりテニスを観ていないのでわかりませんが、
      今のプリスコバに勝てる選手って思い付きますか?
      ボクは、強いて言えばケルバーかハレプですが、
      プリスコバが1ランク上のステージに上がった気がするのはボクだけでしょうか。

  6. 大村さん、カサキナが全豪ベスト8の可能性を探るとドローとしてはチブルコバがベストになりますかね。あとはケルバー、セレナ、ラドワンスカ、ハレプ、プリスコバ、ムグルサ、クズネツォワですから。

    • おっしゃるとおりですね。
      カサキナは昨年の全米こそ1回戦負けでしたが、
      2015年の全米から2016年のウィンブルドンまで4大会、
      すべて3回戦に進出して、そのうちの全仏とウィンブルドンは
      勝ってもおかしくない接戦でした。

      以前、テニスバカさんがサファロバを「名勝負製造機」と面白いことを言っていましたが、
      カサキナも相当な「名勝負製造機」ですよ(笑)
      それは今年も、ブリスベン国際のムグルサ戦でいきなり証明されました。
      もっとも、最後はいつもマッチポイントを握りながら負けるパターンなんですけどね(涙)


コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

大村あつしプロフィール

プロフィール画像

大村あつし

1996年8月にエーアイ出版より『Excel95で作るVBAアプリケーション〜 VBAで作る販売管理システム〜』でITライターとしてデビューしたが、2007年6月にゴマブックスより出版された『エブリ リトル シング〜人生を変える6つの物語〜』で小説家に転身。まだ、IT書籍の執筆は一部、続けているが、現在の活動は小説が中心となっている。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

無料で読めるweb小説

小説を読む
ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

http://www.diamondblog.jp
/official/omura/

大村あつし最近の記事

大村あつし

大村あつしアーカイブス

大村あつしカレンダー

2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031