[gtranslate]
高羽そらさんインタビュー

『不死鳥の騎士団』のトリビア(上)

今日は待ちに待ったビリー・アイリッシュのニューアルバムの発売日。最近のミュージシャンは、ニューアルバムの発売前に少しずつシングル曲をリリースしていく。ところがビリーはそんな傾向を完璧に無視。今日のアルバムリリースによって、全ての曲が初めて公開された。彼女らしいよね。

 

936

 

アルバムのタイトルは『HIT ME HARD AND SOFT』で、このブログを書きながらすでに2周目を聴いている。これまでのビリーにプラスして、ポップな要素も加味されている。ボクの今の印象では、おそらく彼女の最高傑作になりそうな気がする。

 

今のボクがハマっているのはアリアナ・グランデのニューアルバムだけれど、それに加えてこのアルバムもハマると思う。明日の買い物帰りはこのアルバムを聴きながらになるだろう。

 

さて、映画を久しぶりに全て通して観たことで、これまた久しぶりに原作を読んでいるシリーズがある。いよいよ終盤に近づいてきた。

 

IMG_6775

2024年 読書#44

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』上巻 J.K.ローリング著という小説。このシリーズのパターンとしては、原作を読んでから映画館で映画を観ていた。だからどうしても映画の印象が強くて、そちらの記憶がメインになっている。

 

それゆえ久しぶりに原作を読むと、まるで新しい物語に出会ったような新鮮な驚きに遭遇して本当に楽しい。今回も映画と違う部分で印象に残ったところをピックアップしておこう。

 

・ボーバトンに在学していたフラー・デラクールは、卒業してからグリンゴッツ銀行に就職していた。将来の夫であるロンの兄のビルとは、『炎のゴブレット』の際にホグワーツで初対面。でもグリンゴッツ銀行で同僚となったことで、ビルと付き合うようになった。

 

・不死鳥の騎士団の本部はシリウスの実家だけれど、大きな声を出すと亡くなったシリウスの母親が大声で叫ぶ魔法をかけてある。映画ではスルーされているけれど、とても好きな設定。

 

・ロンがグリフィンドールのクイディッチチームのキーパーとなるのは、映画では『謎のプリンス』から。でも原作では『不死鳥の騎士団』でテストを受けてキーパーになっている。映画のように願いが叶う薬を飲んだと思い込むシーンはない。ロンの努力の結果。

 

・ロンの兄のパーシーは、魔法省側についたことで実家と絶縁状態。ヴォルデモートの復活もハリーの嘘だと思い込んでいる。ロンの両親がこのことで心を痛めているのが切なかった。

 

・ロンの初試合で、グリフィンドールはスリザリンに勝利する。けれどもマルフォイを含めたスリザリンの寮生たちがロンを揶揄した歌を歌い続けた。さらに試合に負けた後、マルフォイはロン一家を侮辱する言葉を吐く。それを聴いて怒り狂ったのがフレッドとジョージ。ハリーも参加して暴力沙汰となったことで、ハリー、フレッド、ジョージは、アンブリッジによってクイディッチを永久的にできない処分を課されてしまう。これは完全に忘れていた。

 

・ハリーたちが結成したダンブルドア軍団の練習場所である「必要の部屋」は、映画ではネビルが偶然発見したことになっている。でも原作では、ドビーがハリーに教えている。映画ではホグワーツにおけるドビーの存在をスルーしているので、そうするしかなかったんだろう。

 

他にもまだまだあるけれど、今思いついたのはこれくらい。おそらくこの作品ほど原作が映画でカットされた作品は他にないと思う。映像は尺に問題があるから仕方ないよね。下巻も忘れていることがあるはずなので、読むのが楽しみになってきた。

 

 <お知らせ>

最新刊の『夢体脱』が全国の書店、並びみAmazon等のECサイトで販売中です。2012年に出版した『夢で会える 体外離脱入門』は、非物質世界の存在に『会う』ことがメインテーマでした。

 

でも『夢体脱』ではその出会いをどのようにして実生活に活かしていくかをテーマにしています。旧作を読んだ方にも新しい洞察が得られる内容になっています。是非ともよろしくお願いします。

 

Amazonでは単行本と同時に、Kindleの電子書籍でも購入していただけます。こちらからどうぞ。

 

ハート出版さんのサイトでも『夢体脱』の概要をご覧いただけます。こちらからどうぞ。

 

ブログの更新はFacebookページX、並びにThreadsで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

コメント (0件)

現在、この記事へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2024年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/