高羽そらさんインタビュー

誰にもいえない夫婦の秘密

どんな人にも他人にいえない秘密があるはず。私生活をネタにしている漫画家の人であっても、絶対に描けないことの一つや二つは必ずあるだろう。

 

そのほとんどは、その人の周囲に影響がある程度の秘密だと思う。犯罪がらみでなければ、著名人でもない限り他人の秘密なんて興味がない。たいていは知られたら恥ずかしいという程度のことだろうと思う。

 

ところがさすがにこれはマズい、とかなりドキマギした秘密を描いた映画を観た。フィクションなのはわかっている。なのに主人公たちに共感して冷や汗が流れた。それは40年ものあいだ、ある夫婦が抱えていた秘密だった。

 

c1215ce4003866fe876ec3f9bd2adecf8abe7d85282b6f66476a71de855618c9._RI_

 

2021年 映画#154

『天才作家の妻 40年目の真実』(原題:The Wife)という2017年のスウェーデン、イギリス、アメリカの合作映画。予備知識なしで観たけれど、途中から時間を忘れてのめり込んでしまった。本当であればシャレにならない物語だろう。

 

主人公はジョゼフとジョーンのキャッスルマン夫妻。夫のジョゼフは有名作家。ある日、自宅に電話が入る。それはノーベル文学賞の受賞の知らせだった。二人はベッドで飛び上がるほどの喜びよう。

 

二人には娘と息子がいる。息子は作家志望で、作品を書いては作家の父に見せていた。ところがジョゼフは一向にいい返事をくれない。だけど母のジョーンは息子の小説が素晴らしいと称賛してくれた。

 

そしていよいよストックホルムに到着する。ところがジョゼフをつけ回しているライターがいた。彼の伝記を書きたいと依頼しているナサニエルという男。だけどジョゼフはその依頼をずっと断ってきていた。

 

実をいうとこの夫婦には秘密がある。二人の出会いはジョゼフが大学の講師で、ジョーンは学生だった。ジョゼフは小説講座を開いていて、ジョーンの才能を高く買っていた。だけど時代は女流作家にとって暗黒でしかなく、才能があってもデビューする可能性はほぼゼロだった。ここが重要なポイント。

 

ノーベル賞の授賞式の前日、夫ともめたジョーンは一人でストックホルムの街を散策した。そのときナサニエルに呼び止められる。そしてある疑惑について問いただされる。ジョゼフの作品は、二人の結婚前と後でまったくちがう。だけどジョーンが大学に残してたった1冊の小説は素晴らしい。

 

つまりナサニエルは、ジョゼフの作品を書いたのは彼ではなく、妻のジョーンではないかと疑っていた。いや、すでに確信している。もちろんジョーンはシラを切る。だけどそれは事実だった。

 

息子の書いた小説にいい返事ができないのは、父にその技量を見抜くだけの才能がないから。母が息子を称賛するのは、その価値を感じ取れるから。このあたりの伏線がうまく効いている。

 

ジョーンは女性なのでデビューできない。そこで夫の原稿に手を入れることで満足を得ようとしていた。なのに夫はその成果を自分のものとして好き放題にしている。その不満がノーベル賞の授賞式で爆発する。そして夫婦は離婚の危機を迎える。

 

ところが心臓の持病のあったジョゼフは、興奮したせいかそのまま発作を起こして命を落としてしまう。結論として、ジョーンは自分がゴーストライターだったことを世間に伏せたまま、夫の名誉を守るという内容だった。

 

作家をテーマにしているけれど、女性の社会進出に対する差別をテーマにした作品。それが夫婦であることによって、かなり複雑で興味深い物語となっている。殺人が起きるミステリよりも衝撃が大きかった。二人の子供には真実を話すようだけれど、きっとジョーンはその秘密を墓まで持っていくんだろう。

 

ジョーンを演じたグレン・ローズの演技は見もの。主人公の複雑な心境を完璧に演じきっていたと思う。とても見応えのある作品だった、

 

ブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2021年10月
« 9月   11月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/