[gtranslate]
高羽そらさんインタビュー

飛行機で携帯電話がNGな理由

携帯電話はガラケーかスマートフォンであるかを問わず、今や成人で使っていない人いないだろう。よほどの事情がない限り、携帯電話を普通に持っているはず。

 

当然ながら携帯電話のマナーが問題になる。列車や映画館等において、マナーモードを使わないことでトラブルとなっていることが多い。携帯電話の電波が心臓のペースメーカーに影響を及ぼすという見解もあった。これはすでに過去のことであり、現状では問題にならない。そうなるとマナーに関するトラブルが大半だろう。

 

ただ飛行機に関しては、携帯電話に関する技術的な影響が指摘されてきた。飛行機内における携帯電話の電波通信が、操縦に影響を及ぼすことで使用が禁じられてきた。それゆえスマートフォンには機内モードという設定もある。ところが現状において、機内モードにする必要はないらしい。

 

飛行機でスマホを機内モードに切り替える必要はもはやない

 

飛行機内で機内モードが必要ないことは、かなり以前から技術的にわかっていたらしい。記事から抜粋してみよう。

 

『1991年、アメリカの連邦通信委員会は「ネットワークの干渉」を理由に、飛行機内での携帯電話の使用を禁止しました。その後、「ピコセル」と呼ばれる小型基地局装置が開発され、衛星ネットワーク経由で地上のモバイルネットワークにアクセスできるようになり、2005年には連邦通信委員会のメンバーが「もはや飛行機内で800MHzの携帯電話の使用を禁止する規則は必要ないかもしれないと考えています」と証言しています』とのこと。

 

このピコセルを設置すれば、全く問題ないらしい。EUでは2022年にピコセルの設置を航空会社に義務付けたことで、飛行機内でのスマートフォンによる通話とデータの使用を許可している。ところが携帯電話の通話を許可している航空会社は少ない。

 

リンク先の記事でも紹介されていたけれど、日本航空も全日空も飛行機内ので電波使用を禁止している。スマートフォンを使う場合は受信済みのメールの閲覧や、ダウンロードした音楽を聴く場合のみ。電波を発しないという設定の場合許可されている。機内のWi-Fiを使う場合も、データ通信は認められている。なぜこうまでして『通話』を禁じているのか?

 

それは技術的な問題ではなく、マナーに関することを懸念しているからとのこと。飛行機内は閉鎖された空間。なのに大きな声で電話を使っている人がいれば、他の乗客とのトラブルになりかねない。最悪の場合、暴力の発生が懸念される。

 

他の乗客や客室乗務員に暴力を振う行為を「エアレイジ」と言うそう。このエアレイジを避けるため、電波に関する技術的な問題がなくても、携帯電話の使用による通話を禁じているとのこと。要するに飛行機でも列車でも、問題になるのは人間のマナーだということらしい。困ったことだよね。

 

<お知らせ>

最新刊の『夢体脱』が全国の書店、並びみAmazon等のECサイトで販売中です。2012年に出版した『夢で会える 体外離脱入門』は、非物質世界の存在に『会う』ことがメインテーマでした。

 

でも『夢体脱』ではその出会いをどのようにして実生活に活かしていくかをテーマにしています。旧作を読んだ方にも新しい洞察が得られる内容になっています。是非ともよろしくお願いします。

 

Amazonでは単行本と同時に、Kindleの電子書籍でも購入していただけます。こちらからどうぞ。

 

ハート出版さんのサイトでも『夢体脱』の概要をご覧いただけます。こちらからどうぞ。

 

ブログの更新はFacebookページX、並びにThreadsで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2024年2月
« 1月   3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/