高羽そらさんインタビュー

死ぬ直前のお迎えはある?

死を迎える場面において、小説や映画で定番となっているものがある。それはこれから息をひきとる人を故人が迎えにくるというもの。

 

この現象はドラマにおける演出ではない。実際にそう語る人が多いから。この「お迎え現象」について書かれた記事が面白かった。

 

死の直前に起きる「お迎え現象」「手鏡現象」は妄想か、本物なのか

 

病床にある人が死を迎えるとき、よくあるのが「お迎え現象」と「手鏡現象」というものだそう。

 

「お迎え現象」とは先ほども書いたように、故人が病床にある人を迎えに来るというもの。迎えに来るのが、飼っていたペットの場合もある。

 

「手鏡現象」とは、ベッドの上で患者さんが自分の手をじっと見つめている現象。死ぬ直前の人に多く、自分の手の形がおかしいとか、透けているというようなことを言い出すらしい。

 

この記事によると、ホスピスの医師が家族を看取った人にアンケートを取った。すると42.3パーセントの人が「故人が亡くなる前、お迎えがあった」と答えている。これは決して無視できる数字ではない。

 

さて、本当に死んだ人が迎えに来るのだろうか? 自分の手を見て、死を確信できるのだろうか?

 

これは死後世界を信じるかどうかによって、答えへと至る洞察方法がちがってくる。

 

死後世界を信じない人は、弱ってきた人が見せる幻覚や、モルヒネ等の鎮痛剤による化学作用だと考えるだろう。

 

一方で死後世界を信じる人は、本当に死者が迎えにやって来ていると想像すると思う。

 

これについて真偽のほどはわからない。さらに明確な答えを求めることじゃないと思う。死者が迎えに来ているのであろうと、脳の幻覚であろうと、確実に言えることがある。

 

それは体験をしている人が、『死』を受け入れようとしていること。

 

余命宣告を受けているか否かに関わらず、動物は本能的に自分の死を直感すると思う。肉体が限界を察知することで、何らかのメッセージを送って来ているはず。そのひとつが「手鏡現象」だと思う。

 

そして「お迎え現象」も同じだろう。自分がこの世を去るときが来たのを、心のどこかで受容しようとしているんだと思う。どんな人も死は避けられない。だからある意味、「お迎え現象」は人間が持っている防衛本能でないだろうか。

 

この現象は、その人によって好きに感じたらいいことだと思う。霊現象だとか脳内幻覚だとか言い合いをして、議論を戦わせることじゃない。自分が死ぬ瞬間をイメージしたとき、より心が安らかでいられるほうを信じたらいいだけのこと。

 

ちなみにボクは、死者が迎えに来てくれると信じている。『パッセンジャー』という映画で、死んだことを自覚していない主人公の男性を、過去に飼っていた犬が迎えにくるシーンがある。あれは感動的で泣けるよなぁ。

 

ということでミューナくん、お迎えを頼んだよ!

 

decoration/dcr_emoji_238.gifブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2019年9月
« 8月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/