高羽そらさんインタビュー

異世界に癒着した心の行方

寒波は厳しいけれど、よく晴れた気持ちのいい2022年の元旦だった。1年ぶりに昼間からお酒を飲んだせいか、長めの昼寝で気がついたら夕方という慌ただしい年始だった。

 

そんな長い昼寝をしてしまったのは、お酒のせいだけじゃない気がする。昼寝前に今年1冊目の本を読了して、その世界に心が囚われていたせいかもしれない。ボクの心の一部がその世界と癒着していて、登場人物たちの行く末が気になって仕方ない。でも今の段階でその後の世界を知ることは不可能。

 

なぜなら1991年から世に送り出されたシリーズ作品を追いかけていたけれど、ついに出版済みの全作品を読み終えてしまったから。

 

IMG_5800

 

2022年 読書#1

「十二国記 白銀の墟 玄の月」第四巻 小野不由美 著という小説。昨年の暮れから読み始め、今日の午前中に読了した今年1冊目の読了本。第三巻の感想は『陰謀の全貌が明らかに』という記事に書いているので参照を。

 

ずっと追いかけていた『十二国記』シリーズの最新刊。全四巻の最終巻を読了した。つまりいまの段階で出版されているこのシリーズに追いついてしまったということ。う〜ん、この後にこの世界がどうなったかを知ることができない。マジで辛い。

 

この作品は十二国あるうち、戴国における王座争いを描いた物語。この4作品を説明するだけでも膨大な内容で、かつ物語は他の作品とも関連しているので、とてもじゃないけれどブログで紹介するのは無理。それゆえ読書記録として雰囲気だけを書いておく。

 

正当な王がいたのに、ある裏切り者によってクーデターが起きた。ところが王は鉱山の奥深くに閉じ込められて、どうにか生きていた。再び本来の王の世界に戻すため、王の麾下だった兵士や、王を指名した麒麟という生物の戦いを描いた物語。

 

第三巻のラストで、王の存在が確認される。そして第四巻の初め、王は自力で鉱山から脱出する。それまで6年以上の月日が費やされた。そして王を探していた人物たちと王は合流する。一方、王宮に戻っていた麒麟も王の生存を知る。

 

ところが簒奪者は巧みな戦略で王たちを追い詰めた。当初は1万以上の兵を集めた王たちだけれど、陰謀に巻き込まれて数百人を残して惨殺された。そして王は捉えられてしまう。王を奪還しようとするのはわずか40人ほど。そして王宮にいる麒麟も、自らの死を覚悟で最後の行動に出る。

 

という感じで展開していく物語。ラスト近くにおける王たちの決死の戦いは、読み終えたいまでもまだ興奮が残っている。大勢の登場人物が悲惨な死を遂げるけれど、結果として王宮を取り戻すことに成功する。とりあえずはハッピーエンド。最後にはボクの大好きな隣国である雁国の王と麒麟が助けにくる。

 

壮大で心躍る物語だった。このシリーズで最高作なのはまちがいない。それにしても困った。

 

最初に書いたように、現在出版されている『十二国記シリーズ』はここまで。短編集が出るという発表が2020年に告知されているだけ。だから大好きな登場人物たちのその後を知ることができない。スケールの大きな物語だけに、数多くの魅力的な登場人物がいる。それぞれに辛い過去を背負っていて、必死になって前に進もうとしている。

 

そんな彼らの行く末を知りたい。なのに次の作品が出るまで何も知ることができない。ボクの心の一部はあの異世界と癒着しているから、心の持って行き場に困っている。お願いだから、これで終わりだなんて言わないでね、我慢して待っているからwww

 

ブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/