高羽そらさんインタビュー

ホラー作家が娘に書いたファンタジー

親が子供の幸せを願う気持ちは、想像できるけれど経験がないのでボクに実感はない。飼い猫に対する愛情ならわかるけれどwww

 

だから小説や映画という物語が存在する。それらのストーリーを通じて、間接的に親の愛を知ることができる。そしてテレビ番組でも、そんな感情を疑似体験できることがある。

 

先週の『モニタリング』という番組で、失恋した18歳の娘を父親がなぐさめるという企画があった。もちろん失恋は嘘で、娘は仕掛人。だまされているのは父親だった。

 

そのお父さんがとても素敵で、ボクは本気で感動してしまった。娘を思う父親の気持ちって、こんなに繊細でピュアなんだと感心した。バラエティ番組でも、こんなことを感じさせてもらえることがあるんだね。

 

そして昨日読んだ小説も、同様に父が娘を思う気持ちによって書かれたものだった。

 

IMG_5083

 

 

『ドラゴンの眼』上巻 スティーブン・キング著という小説。

 

何も知らずに読み始めて驚いた。だって架空の国が出てくるファンタジーだったから、ホラー作家として世界的に名を成した著者が、こんな純粋なファンタジーを書くなんて。それで少し調べてみて、その理由がわかった。

 

スティーブン・キングにはナオミという娘がいる。ナオミが父の小説が嫌いで読まないらしい。そりゃそうだよね。彼の小説は子供にはかなりキツイ。残虐だしおぞましい物語が多い。先日読んだ『ペット・セマタリー』なんて子供に読ませるのは悩んでしまう。

 

ということでスティーブンは、娘に読んでもらうためにこの小説を書いたらしい。もうひとり少年がいる。スティーブンと共著を出版したことがあるピーター・ストラウブの息子にベンという少年がいる。この物語はナオミとベンのために書かれたそう。

 

面白いことにベンの父の名であるピーターという王子が主人公。そして下巻になるとベンとナオミという名前の登場人物が出てくるらしい。きっと二人の子供たちは喜んだろうね。

 

物語はとてもシンプル。フラッグという魔法使いが、王のローランドを殺し、王子のピーターに濡れ衣を着せて塔に幽閉する。そして弟のトマスを王位につけて王国を引き続き自由にしようとする。なぜならトマスは少し愚鈍なので、あやつりやすかったから。

 

ピーターはとても頭が良く勇気もある。だから黙ってはいない。上巻の最後では一発逆転の計画を立てたようで、行動に出たところで終わっている。

 

ちなみに悪役のフラッグは、『ダークタワー』シリーズや『ザ・スタンド』に登場したフラッグと同一人物。スティーブン・キングの小説には、何度も悪魔の化身として登場する。ユニークなキャラなんで、ボクは大好き。

 

今夜から下巻を読む。どうなるのか楽しみ。子供向けだけれど、大人だって十分に楽しめる。主人公のピーターは、ドラゴンの血を引いているみたい。そのあたりが影響してくるのかな? 子供みたいにワクワクしている。

 

decoration/dcr_emoji_238.gifブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2019年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/