高羽そらさんインタビュー

いつ死んでもいい、という理想

久しぶりに徹夜をしてしまった。仕事に追われていたのではなく、ただ眠れなかっただけ。

 

新しい小説のコンセプトを考えていて、それに関する妄想が止まらなくなったから。午前1時、2時、3時と経過して、気がつくと午前4時半になっていた。

 

もう眠るのをあきらめて体外離脱をして遊ぶことにした。寝不足でもコツがわかっていたら体外離脱なんて簡単。ロボットしかいない不思議な街を少し散策して、午前5時過ぎには戻ってきた。そのあと1時間はくらいはウトウトできたと思う。

 

眠れなかったのは『死』について考えていたから。普段から『今日が最後の日』という気持ちで生きようとしている。だけどそれはこころざしの問題であって、実際の感覚とは思っている以上に距離が開いている。

 

いつ死んでもいい、というのは理想的な心の境地でしかない。実際に自分が『いま』死ぬことをイメージすると、ちょっと待って欲しいという気持ちになってしまう。実現したい目標があるし、まだ途中の仕事もある。やらなくては、と思いつつできていないことなんて山ほどある。

 

そして動物としての生存本能は、人間が想像している以上に強い。余命宣告を受けた病気中だったり、精神が病んでいる状態でなかったら、人間は『死』に対して真剣に向き合えない。むしろ生きることに全力を注ごうとする。

 

とまぁこんなことを延々と考えているわけだから、そりゃ眠れないよね。今日が最後の日だとイメージすると、自分の不甲斐なさばかりがクローズアップされてしまう。だからいつ死んでもいいなんて境地は、悲しいけれど遠い理想世界でしかない。とにかく全力で生きるしかない。

 

そんな人間の生存本能の強さを、見事に描いた映画がある。

 

theater

 

 

『THE GREY 凍える太陽』という2011年のアメリカ映画を観た。主演は写真のリーアム・ニーソン。かなり怖い映画だったけれど、映画としては素晴らしい作品だと思う。

 

主人公のオットウェイは、妻を病気で亡くして自暴自棄になっていた。このあたりはリーアム・ニーソンの実生活とかぶるところがある。彼は石油採場に雇われたプロのハンター。オオカミが多い地域なので、人間を守ることが仕事だった。

 

休暇を過ごすため、大勢の従業員とともに乗り込んだ飛行機が悪天候で墜落する。生き残ったのはオットウェイを含めたわずか7人。オオカミの縄張りのど真ん中に取り残されたことで、オオカミの攻撃を防ぎながら逃げるしかない。

 

自殺しようと思っていたオットウェイは、7人のリーダーとして生き残るために行動する。それは7人をどうにかして生還させ、かつ事故死した人の遺品を家族に届けるため。ところが1人、また1人と死んでいく。

 

結論からすると、最後に残ったのはオットウェイだけだった。そしてようやく森を抜けてたどり着いたと思ったのは、なんとオオカミの巣穴だった。オットウェイがオオカミのボスと戦う決意をするところで、この映画は終わる。そしてエンドロールに、意味深な短い映像が差し込まれている。

 

ハッピーエンドじゃないし、かなり怖いシーンが多いので、子供には見せられない映画だと思う。でも大人には一見の価値がある作品だと感じた。あきらめたら死んでしまう状況で、人間は必死で生きようとする。そのすさまじい生存本能が登場人物たちから発せられていて、ボクの心は激しくゆさぶられた。

 

こんな激烈な映画を観たから、眠れたかったのかもね。とにかくリーアム・ニーソンは、いつもながらかっこいいオヤジだったなぁ。

 

decoration/dcr_emoji_238.gifブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2019年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/