高羽そらさんインタビュー

SOLA TODAY Vol.206

スマホのヘビーユーザーにとって、気になるのは充電。昨今では、携帯用のバッテリーを持ち歩いている人が多いと思う。

 

だけどそれほど電池を使用しない、という人も同じくらいいるはず。だから両者で電気をやり取りできたら、かなり便利だろう。

 

そんなSF映画のようなことが、どうやら実際できるらしい。

 

SONY、友達のスマホから無線で電力を借りられる特許を出願

 

米国特許商標庁のサイトによると、SONYが3月2日付けで「NFC(近距離無線通信)におけるデータと電力の送受信法」という特許を出願していることが明らかになった。

 

これだけ読むとなんのことやらわからんけれど、その特許出願には2台のモバイルが、電気のやり取りを無線で行なっている図が掲載されている。近い将来、友人のスマホから無線で電気を借りることが可能となりそう。

 

記事によると、電力用とデータ用の2種のアンテナが付いていて、双方向に通信することで電力の送受信が可能になっている。特定のグループで構成される受信システムとなっているので、グループ外の人間に電力を盗まれることもない。

 

確かにこれは便利。スマホの無線充電は、次のiPhoneには搭載されるだろうとの噂が出ている。だからSONYのXperiaあたりは、このような電力の送受信をAppleに対抗するために打ち出してくるのかも。

 

家族や友人と外出しているとき、同じグループに登録しておけば電気を借りることができるんだよね。携帯ショップがないような郊外で遊んでいるときなんか、便利だと思う人は多いはず。

 

このシステムが素晴らしいのは、スマホだけに特化しているのではないこと。

 

自宅の家電製品を同じグループとして登録することが可能。ひとつのコンセントだけで、すべての電化製品の電力を無線で共有することができるらしい。

 

それはつまり、あの長くて邪魔になる電気コードが家からなくなるということ。それはめちゃ魅力的だなぁ。Wi-Fiが主流になったことで、パソコンから無駄なコードがなくなった。これで電力まで無線で共有できれば、さらにコードを減らすことができる。

 

そうなると家電メーカーは、一気にIOT商品を前面に打ち出してくるだろうね。すべての電化製品がネットに繋がり、電力も無線で共有できるようになるかもしれない。

 

過去の輝きを失いつつあるSONYだけれど、まだまだ高いポテンシャルを持っているよね。早く実用化されるといいなぁ。

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/