[gtranslate]
高羽そらさんインタビュー

『トワイライト』完全制覇!

今年の5月31日にセカンドアルバムをリリースする予定のベッキー・ヒルが、そのアルバムから新曲をリリースした。映像はセクシーなのに、それを意識しなくなるほど彼女の声が魅力的で曲もいい雰囲気。『Outside Of Love』というタイトルの曲。アルバムが楽しみだなぁ。

 

   

 

さて、追いかけていたシリーズ映画のラスト作を観た。いやぁ、やっぱり映像はいいよねぇ。

 

640

2024年 映画#59

『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part2』(原題:The Twilight Saga: Breaking Dawn – Part 2)という2012年のアメリカ映画。原作は全て読んだのに、5作ある映画のうち2作しか観ていなかった。


でもAmazonプライムで配信されていたので、ようやく全ての映画を鑑賞することができた。これで原作と映画という『トワイライト』シリーズを完全制覇できた!

 

前作は主人公のベラが吸血鬼とのハーフ女児を出産した後に心肺停止。そこでベラを復活させるために吸血鬼に転生させられたところで終わった。一件落着のように見えるけれど、子供の吸血鬼は抑制が効かないことで「不滅の子」と呼ばれている。

 

見境なく人間を襲うので、吸血鬼の正体を世間に知られてしまう。それゆえ吸血鬼界の掟として「不滅の子」は処刑することが決まっていた。さらに関わった吸血鬼も抹殺される。エドワードとベラの娘であるレネズミは、あることでその存在を知られてしまう。

 

でもそれは誤解だった。レネズミは吸血鬼の子供ではなく、半分人間でもある。だから「不滅の子」のようなことは起こさない。7年間で成人すると、その後は150年以上も普通に生きる。人間の食べ物で生きることも可能。だからエドワードたちは誤解を解こうとする。

 

ところがイタリアに君臨する吸血鬼の王たちは軍団を率いてエドワード一家に襲いかかる。レネズミの存在はそのきっかけに過ぎず、以前からこの一家を警戒していたから。


そこで誤解を解くために世界中の吸血鬼がエドワード一家に集まってきた。さらにジェイコブたち人狼も協力。そして両軍は一触即発状態で睨み合うという展開。

 

この結末は原作で読んだので知っていた。けれども映画のほうが圧倒的にハラハラするし、めちゃ感動的だった。古い映画なのでネタバレしてもいいけれど、ここはやめておこう。


真相がわかるまで泣きたくなるほどにショックになる。でもそのショックが一気にカタルシスとなって解放される。その感動を味わいたい人は、是非とも1作目から観てもらえばと思う。

 

やっぱり、ボクはアリスの大ファン。彼女が感動のラストを引き寄せる鍵を握っている。彼女ほど頭が良くて美人で、かつ勇気のある吸血鬼はいないよなぁ。

 

 <お知らせ>

最新刊の『夢体脱』が全国の書店、並びみAmazon等のECサイトで販売中です。2012年に出版した『夢で会える 体外離脱入門』は、非物質世界の存在に『会う』ことがメインテーマでした。

 

でも『夢体脱』ではその出会いをどのようにして実生活に活かしていくかをテーマにしています。旧作を読んだ方にも新しい洞察が得られる内容になっています。是非ともよろしくお願いします。

 

Amazonでは単行本と同時に、Kindleの電子書籍でも購入していただけます。こちらからどうぞ。

 

ハート出版さんのサイトでも『夢体脱』の概要をご覧いただけます。こちらからどうぞ。

 

ブログの更新はFacebookページX、並びにThreadsで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2024年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/