高羽そらさんインタビュー

無情で虚無感に満ちた世界

人間にとって『希望」がどれほど大切なものか、SF世界を通じて教えてもらえる映画を観た。かなり異質な作品なので、好き嫌いは分かれるかも。結末にスッキリ感は存在しないけれど、ボクの感覚として高い評価をつけたい作品だった。

 

maxresdefault

 

2021年 映画#6

『ANIARA アニアーラ』という2018年のスウェーデン・デンマークの合作映画。スウェーデンのノーベル文学賞受賞作家ハリー・マーティンソンの代表作「アニアーラ」を実写映画化したスウェーデン製SF大作というふれこみ。

 

地球は放射能で汚染され火星に移住するしかなかった。そんな移住用の宇宙船であるアニアーラには8000人の人が乗船していた。内部は豪華客船のようになっていて、レストランや娯楽施設がある。これなら火星までの3週間の旅は快適だと思える。

 

主人公はMRという同性愛者の女性。彼女の仕事はミーマというAIを使うことで、乗船している人の地球生活時代の記憶にアクセスさせること。宇宙生活のストレスをそれで解消させるためのもの。だけどわずか3週間ほどの旅でミーマを使う人はあまりいない。

 

ところがアニアーラは不慮の事故を起こし、宇宙をさまよう事になる。船長は2年もすれば到達する惑星の重力を利用することで、元に戻れるという嘘をつく。本当は永遠に宇宙を漂うしかない状況だった。そして数年して事実が告げられる。

 

パニックになった人はミーマに押しかける。現実逃避するしかないから。やがてネガティブな人間の意識を取り込みすぎたAIは自らを破壊してしまう。そこからはひたすら悲惨な状況が待っていた。何十年でも食料に困らず過ごすことは可能。だけど人間の精神がそのことに耐えられない。

 

なぜならそこに『希望』が存在しないから。MRはイサゲルという女性飛行士との恋愛で希望を見つけようとする。だけど未知の宇宙船との接触による最後の『希望』が途絶えたとき、イサゲルは自殺してしまう。

 

永遠に宇宙をさまようことは、ずっと静止した場所にいるのと同じ。何も変化しない。やがて人間に訪れるのは無情で虚無感に満ちた世界。人々はカルト宗教を作ったり、セックスや酒に溺れる。

 

最終的に何人の人が生き残ったのはわからない。ラスト近くで、年老いたMRが失明して廃墟のような宇宙船で横たわる場面がある。そしてラストシーン。何百万年も漂流したアニアーラが、地球とよく似た惑星の重力に引き寄せられるシーンで終わる。

 

船内に人間は存在しているのか? そのことは明かされることなくエンドロールとなる。なんとも言えないラストシーンだった。かなり変わった作品だけれど、言い知れない不思議な引力を持っている物語だったなぁ。

 

ブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2021年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/