高羽そらさんインタビュー

世界史に残る日米首脳会談

昨日ボクたちは日本史に残る、いやもしかしたら世界史に残る報道を目撃したのかもしれない。今後の展開次第では、昨日のあの日が始まりだったといわれることになるだろう。

 

日米首脳、中国を強くけん制 共同声明に台湾やウイグル明記

 

訪米中の菅首相とアメリカのバイデン大統領の首脳会談に関する記事。バイデン大統領にとって、対面式の首脳会談は初めて。最初の相手に日本の首相が選ばれた理由は、今回の共同声明の内容を見れば明らか。

 

いま、アメリカのバイデン政権がもっとも憂慮している国は中国だということ。その方針に対して、日本政府の本心をたしかめたのが今回の首脳会談だと思う。そしてその結果として、半世紀ぶりに『台湾』の文字が共同声明に記録されることになった。

 

「台湾海峡の平和と安定の重要性は日米間で一致しており、今回改めて確認した」と菅首相は語っている。さらに、「新疆ウイグルの状況についても日本の立場や取り組みを説明し理解を得られた」とも述べている。その対象となっているのは、もちろん中国。

 

アメリカも日本政府に対して以下のように発言している。

 

「尖閣諸島に対する日本の施政を損なおうとする、いかなる一方的な行動にも引き続き反対」

 

つまり日本が実効支配している尖閣諸島に対して、中国の行動いかんによっては日米同盟に基づく防衛義務を適用するということ。これは心強くもあり、言い知れない不安を覚える発言でもある。

 

今回の菅首相の訪米は、中国政府に対する日本の態度を正式に表明したことになる。昨日発表された中国政府の反発は、日本の意図を受け取ったということだろう。人権を無視した中国共産党の現状を考えたら、菅首相のこの判断は素晴らしいと思う。

 

ただそれなりの覚悟が求められる。そのことを日本人は自覚しておくほうがいい。もし台湾が中国による侵略を受けた場合、アメリカ政府が黙っているとは思えない。日本政府が中立的な態度をとったとしても、日本の国土が攻撃を受ける。

 

なぜなら台湾を防衛するアメリカ軍は、沖縄の基地を利用するから。中国と戦闘状態になれば、沖縄の米軍基地が攻撃目標になる。要するに日本は傍観することが許されないということ。今回の首脳会談は、その覚悟を日本政府が表明したことになる。

 

それゆえ歴史的な会談だと思う。もし将来中国とのあいだに有事が発生すれば、その起因とされるのが今回の日米会談になるだろう。本当に歴史的な会談だったと思う。

 

ブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/