高羽そらさんインタビュー

う〜ん、全体に惜しい

今日で現在の仕事を終了。明日からは、いよいよ新作の執筆に入る。またしばらくは頭を悩ませて、ウンウンと唸る日々が続くんだろうなぁw

 

新しい小説を書いているときは、あらゆるものが刺激になり、インスピレーションをもたらしてくれる。神経が過敏になっているからだろう。そんな刺激をビンビンと与えてくれる、素晴らしいビデオクリップを見た。

 

ボクが最近ハマっているのが、マルーン5というバンド。残り1枚ですべてのアルバムを制覇できるまで聞き込んだけれど、昨日最新アルバムの曲からカットされたビデオクリップを見た。まだできたてホヤホヤの作品。その映像がめちゃ刺激的だった。

 

まるで夢の世界を映像化したような作品で、思わず見入ってしまった。どちからといえば悪夢のような映像なんだけれど、とてもセンスがいい。こんな小説を書きたいなぁ、と映像を見ながら感じた。特にエンディングシーンは見もの。

 

『Wait』というタイトル。曲は落ち着いた雰囲気なんだけれど、映像とのギャップがすごい。ぜひ、見て欲しいなぁ。

 

 

同じく映画もインスピレーションを与えてくれる。今日観た映画も、かなりいい雰囲気で、とても刺激になった。だけど全体的に、かなり惜しい作品になってしまっていた。

 

16

 

 

『蠢動 -しゅんどう-』という2013年に公開された日本映画。1982年に三上康雄さんが自主映画として撮影された『蠢動』という作品を、同じく三上さんが原案にして撮影したもの。ストーリーが良くできていて、かなり引き込まれた。

 

時代は徳川吉宗のころで、比較的太平な世の中。戦をすることがなくなった武士は、藩を守ることに汲々としている。この作品では山陰地方の小藩が物語の舞台。

 

吉宗は今で言うところの公共事業を行うため、各藩に金銭の負担を求めている。この藩には、武芸の指南役として幕府から派遣された達人が入り込んでいる。新陰流の達人だけれども、本来の目的は藩の財政を探ること。

 

この藩に余剰金があることを探った指南役は、幕府に報告しようとする。余剰金でなんとかしのいでいた家老たちとしては、このままでは藩の財政が破綻してしまう。困った挙句、その指南役を暗殺しようと企む。

 

だけど藩の刺客だとバレたら、お取り潰しとなる。そこで若手の藩士をだまし、私怨として片付けようとしたあ。ところがその藩士の父親も、同じようなことで責任を負わされたという過去がある。

 

クライマックスは、濡れ衣を着せられた藩士を、同じく若手の藩士が追うシーン。家老たち老害連中のために、若い武士が斬り合うことになってしまうという悲劇の物語だった。

 

少しセピア調の色彩で、とてもいい雰囲気。剣のやり取りも迫力があって、時代劇としてはいい線行っていた。だけどね……。

 

若林豪さんや、目黒祐樹さんたちのベテラン俳優さんの演技は問題ない。だけど若手の俳優さんたちの演技が、かなりマズい。セリフは棒読みだし、動きも硬い。勝手な想像だけれど、監督さんの演出がうまく行っていないと思う。どうにも演技がチグハクだった。

 

もうひとつ気になったのは、演出効果がいまいちだったこと。刀で斬ったからといって、リアルに血しぶきを吹き上げる必要はないと思う。だけどある程度の演出は必要じゃないだろうか。もしかして予算の問題があったのかな? そんなことを思ってしまう。

 

特にラストのクライマックスシーン。降り積もった雪原で、若い藩士たちが斬り合う。なのに真っ白な雪に、血の一滴も落ちない。白い雪しか見えないので、これでは文字どおり『白けて』しまう。もう少しなんとかならなかったのだろうか。

 

そこが見せ場だけに、気になって仕方ない。せっかくのいい物語なのに、全体的に惜しいと感じた作品だった。

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/