高羽そらさんインタビュー

SOLA TODAY Vol.645

旅の最大の楽しみは、移動している感覚を味わうことだと思う。だから自動車であれ、列車であれ、車窓からの景色が旅のごちそうになる。

 

それゆえ空を飛ぶ旅客機にも窓がついている。貨物専用機や軍事用の飛行機には、操縦席以外に窓を見ることはできない。

 

ところが旅客機から窓をなくそうとしている航空会社がある。

 

エミレーツ航空、将来は窓なし機も バーチャル窓を導入

 

それはアラブ首長国連邦のドバイに拠点を置くエミレーツ航空。今のところファーストクラス限定で、窓のない座席を公開している。だったら外の景色を見るという楽しみがなくなってしまうのか?

 

いや、そうではなく、タイトルにあるようにバーチャル窓が導入されている。機体の外側にファイバーカメラを設置することによって、外の景色がリアルな映像として座席から見ることができる。いやはや、面白いものを考えたよね。

 

実は旅客機において、窓というものは邪魔で仕方ないらしい。最近でも窓の破損による人命に関わる事故が起きている。本来は窓をつけないほうがいいけれど、旅情を考えるとそうはいかない。それで航空機メーカーはなんとか窓を設置してきた。

 

でも今の時代なら、本当の窓は必要ない。ほぼ同じものを映像で見せることができるようになったから。最終的にすべての窓をなくすことができれば、いいことづくしになるとのこと。

 

まずは構造的により強固になるので、飛行の安全性が大幅に向上する。機体を軽くすることができるので、燃料の消費を抑えられる。さらにより速く、より高く飛ぶことが可能になるので、移動時間を短縮することができる。大勢の乗客を運べる音速旅客機が登場するかもしれない。

 

法律的な問題をクリアする必要があるけれど、現在の安全基準に合致させることは充分に可能らしい。最終的に問題となってくるのは、乗客の気持ちの部分だろうね。

 

この記事にも書かれているけれど、閉所恐怖症の人にとって、飛行機という空間そのものが恐ろしいらしい。ボクは狭いところが好きなので、その感覚はわからないけれどw

 

窓があってもそういう気分になるのに、窓がないと思うだけでより閉塞感が強まる可能性がある。窓があろうとなかろうと、開けられないのは同じ。だったら安全性が高いバーチャル窓のほうがいいはず。でも人間の心理は合理的にできていないから、そこのところが難しいんだろうね。

 

ボク個人としては大歓迎。現実なんてバーチャル世界と同じようなものだから、それで充分だと思うよ。燃料も節約できて、安全性も高まって、さらに運賃が安価になれば言うことなしだよね。

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/